2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 2003年の百合ニュース・第2位 | トップページ | 「百合2年」・・・となりますか。 »

2003.12.31

2003年の百合ニュース・第1位

私の視界に入った、独断と偏見の「百合」ランキングです。

栄光の第1位「国書刊行会から『屋根裏の二處女』復刻される」です。

第一位は吉屋信子・作「屋根裏の二處女」(1920)の復刻にしました。
国書刊行会からはこれ以外に「わすれなぐさ」(1932)「伴先生」(1938)と3冊、
そしてゆまに書房からも数冊の復刻がありました。
(その中でも「返らぬ日」(1927)はおすすめです)
これらの復刻も含めて一位としました。

今年、吉屋信子作品の復刻が叶ったのは、世間で「百合」ブーム
だったからではなく、没後30年の記念です。(表向き)
「百合元年」が吉屋信子の没後30年というのは、なんとなく
縁を感じますね。

第一位が復刻というのは寂しい、と思われるかもしれませんが
この作品の「百合」としての内容の良さと、いままで入手不可能と
言われていたレア性が一位の要因です。
(私も、入手はあきらめていました)

この作品には、若かった吉屋信子が「文学」を書こうとした
いきこみが感じられます。解説にもあるように、多少空回り
している感もありますが、その初々しさが、80年も前の作品と
「百合元年」と、なんだかマッチングして思えたりします。

吉屋信子がこの作品以降ビッグになっていったように、
来年以降の「百合」もさらなる飛躍ができることを祈っています。

« 2003年の百合ニュース・第2位 | トップページ | 「百合2年」・・・となりますか。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/63223

この記事へのトラックバック一覧です: 2003年の百合ニュース・第1位:

« 2003年の百合ニュース・第2位 | トップページ | 「百合2年」・・・となりますか。 »