2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« ETYMOTIC RESEARCH ER-4P | トップページ | 2003年の百合ニュース・第5位 »

2003.12.26

2003年の百合ニュース・第6位

私の視界に入った、独断と偏見の「百合」ランキングです。

第6位「『百合』要素ありのアニメ作品、複数放送される」です。

「百合」要素のあるアニメは、年々増加している感じもしますが、
今年もかなりあったようです。

なぜ伝聞表現なのかというと、私は地方在住だし、DVDやレンタルを
利用するにしても、最後まで見るには半年以上の時間差が発生してしまう
からです。

地方アニメファンの良くある嘆きですが、リアルタイムで語れないのは辛いですね。
低ビットレートでも良いから、放送後にインターネットでただで公開する
ようにならないでしょうか。そうそれば、口コミ効果も得られるだろうし、
DVDやグッズの宣伝にもなると思うのですが・・・。

まあ、現在のアニメ業界が、ほんのわずかの----毎月DVDを買うような----
忠誠心の強いオタクによって支えられているのは事実だし、冒険は
しにくいというのはよく分かりますが。
# もっとも、私も「百合」要素があっても、しょーもない作品には
# お金は出しませんけど。

今年はざっと挙げると、以下のような作品があったようです。


この中で最後まで見たのは、「ぷちぷり*ユーシィ」だけなので、どの作品が
良いという評価はできませんが、まあ、沢山あったんだなあ、ということで
ひっくるめて第6位です。
最後まで内容がわかれば、もっと上位にしたかもしれません。

# ただ、これ!という作品がないのも事実です。
# 「百合」要素があるといってもアニメは、友情止まりとか、説明しきれていない(いわゆる「薄い」)
# 「絆」とかが多いので、今後はもっと踏み込んだ作品がでることを期待したいですね。
# 「少女革命ウテナ」のような、超すごい作品が再び現れないかなあ。

« ETYMOTIC RESEARCH ER-4P | トップページ | 2003年の百合ニュース・第5位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/51551

この記事へのトラックバック一覧です: 2003年の百合ニュース・第6位:

« ETYMOTIC RESEARCH ER-4P | トップページ | 2003年の百合ニュース・第5位 »