2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 主要アニメ誌三誌から | トップページ | 今日買ったものなど »

2003.12.13

工画堂スタジオのPCゲームのアニメ化

工画堂スタジオのPCゲーム
「天罰エンジェルラビィ」(2003)と「蒼い海のトリスティア」(2002)のアニメ版がそれぞれ、
2004/1/232004/4に発売されるそうです。
工画堂スタジオといえば、ポルノ一色になってしまったPC美少女系ゲーム業界にあって
ほとんど唯一一般向けを作りつづけている孤高のソフトハウスです。
しかも、「百合」率も決して低くないのです。(これが偉い!)
今回の2作のうち、「トリスティア」は「百合」要素が含まれていることが
わかっています。

この2作と言えば、霧海正悟氏の小説版を忘れてはいけません。
それぞれ「蒼い海のトリスティア 発明工房星降り日記」(2002)
「まじかるトワラー・エンジェルラビィ ウサみみっしょん」(2003)
という小説になっています。(両方ともエニックスEX NOVELS刊)
実は「エンジェルラビィ」はそれほど「百合」!という感じでは
ないのですが、「トリスティア」のほうはなかなかレベル高いと思います。
軟派な感じは好き嫌いありそうですが、「百合」的に巧い締め方をする作家だと思います。

「トリスティア」の方はCDドラマ(全3枚)にも
なっているのですが、これが残念ながら、「百合」っぽくないのです。

やはり「百合」な作品は、それなりに傾倒している人間が
携わらないと「百合」にはならない
、という良い見本だと思います。
アニメ版も霧海正悟氏に脚本か原案をやって欲しいけど、
無理でしょうね・・・。

本音を言えば、同じ工画堂スタジオでも「リトルウィッチ パルフェ」(1999)か
「リトルウィッチ レネット」(1999)をアニメ化して
欲しいところです。
この2つは誰が脚本をしても、それなりの「百合」に成り得る作品だからです。

« 主要アニメ誌三誌から | トップページ | 今日買ったものなど »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/24964

この記事へのトラックバック一覧です: 工画堂スタジオのPCゲームのアニメ化:

« 主要アニメ誌三誌から | トップページ | 今日買ったものなど »