2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 2003年の百合ニュース・第8位 | トップページ | 2003年の百合ニュース・第7位 »

2003.12.24

深見真・作「パズルアウト」について

12/21の記事で予定したとおり、私の嘆き節をお聞かせることになりそうです・・・。

かつて、読み始めにこんなに不安があった作品はなかったと思う。
あるとすれば、薔薇様の卒業とともにシリーズ終了では?という恐れを持って
読み始めた「マリア様がみてる いとしき歳月(後編)」(2001)あたりだと思います。

しかし、今回は事情が異なります。
なんとなく、いやな予感がしていたのです。イラストをみると案の定、
あたっている感じがして、読み始めて、さらに不安は確信に・・・。

ここで、この作者の深見真氏ついて語らねばならないでしょう。
この作家は現在まで「ブロークンフィスト」シリーズ3作、「少女探偵フジコ」シリーズ2作、
そして、私自身かなり度肝を抜かれた「アフリカン・ゲーム・カートリッジズ」の都合6冊
発表しているのですが、見事なまでに百合カップルが出てくるのです。
しかも、作者に「好意をもたれた」存在として、なのです。

確かに、「ブロークン」も「アフリカン」も少年が主人公なのだけど、
作者の「古典的ヒロイズムは嫌いだ」「男女の恋愛は必要ない」という
ポリシーみたいなものが感じらたのです。

しかし、今回の「パズルアウト」は上記のポリシーのどちらも弱まったと感じます。
(しかも、百合カップルもでてこない)
結果的に、「百合」要素の全くない作品だったのでした・・・。

まあ、かなり残念だけど、仕方がないでしょう。
小説家とは、小説を売って食わなければならない職業です。
しかるに、「百合」のようなニッチな読者に向けて作品を書くのは
最初から売上を度外視しているのと同じです。
悲しいけど、これって商売なのよね。

まあ、この作品が鼻につかない程度であったことが唯一の救いです。

# それにしても私も「深見真はレズビアン信奉者」といいすぎたかなあ。
# 作者がこの発言を見ている可能性もあるし・・・
# ほめ言葉のつもりだったのですが。

でも、何事もなかったように、次回作は「百合」にしてくれるでしょう!

« 2003年の百合ニュース・第8位 | トップページ | 2003年の百合ニュース・第7位 »

コメント

初めまして、いつもこのブログを興味深く読ませて頂いてる百合好きです。
私の場合、2004に深見氏の「少女探偵フジコ」シリーズに出会い、その後氏の他のシリーズにも眼を通していったのですが、最新刊と思われるこの「パズルアウト」で、管理人様の嘆き節そのまんまのショックを受け、それを誰に話す訳にもいかず一人鬱々としておりました。
なので、このブログを見つけ上記の記事を読んだ時には、正に我が意を得たりの思いで感激したものです‥
ただ、当時の私としては最後のコメント

>でも、何事もなかったように、次回作は「百合」にしてくれるでしょう!

については正直厳しいかな‥と思ってました。
ですが、時は流れて2005年3月‥
管理人さん、ごめんなさい‥私、深見氏を見誤っておりました‥
本当に何事もなく「百合」‥しかもファミ通文庫からの出版です‥
百合姉妹の廃刊に打ちのめされ、お先真っ暗の2005年でしたが今日初めて希望を持つことができたというものです!
嬉しさのあまり内容の薄い長文になってしまい、申し訳ありません‥これにて失礼させていただきます。


コメントありがとうございました。

実は、この記事を書いた数日後(2003年中)、深見氏ご本人から
メールをいただいていました。

メールの中で、来年(2004年)こそは「百合好きの魂を見せる」
と宣言されていました。
しかし、私は、「百合」より作家生命を優先すべき、という
ようなことを返事で書いてしまったのです。

私が知っている限り、深見氏は2004年は1作も発表していません。
私は内心ビクビクしていました。私の書いたことが、逆に
重荷になってしまったのではないか、引導を渡してしまった
のではないかと。

結局、私の不安など、とるに足らない、ショウモナイものでした。
深見氏は見事に復活しました!(感涙!)

間違いなく、今年最大のニュースです!!
実は、まだ買ってもないのですが、読むのが本当に楽しみです。

「瞬撃のヴァルキリィ」・・・このコメントを読んだ方は必ず
買うように!(命令ですっ)

お返事ありがとうございます。

しかし、自分のコメントを読み直してみると、異常にテンションの高い状態で書いたためか、支離滅裂でお恥ずかしい限りですね‥

管理人様が受け取った深見氏のメールの内容、そして「瞬撃のヴァルキリィ」での復活には、百合好きとして素直に感激です!
深見氏の「魂」見せてもらいました!

管理人さまの「瞬撃のヴァルキリィ」の感想記事も楽しみにしていますので!
ではでは

コメントありがとうございます。

>しかし、自分のコメントを読み直してみると、異常にテンションの高い状態で書いたためか、支離滅裂でお恥ずかしい限りですね‥

いえいえ。熱い想いを感じましたよ!
私もちょっとテンション高かったですね(汗)

>管理人さまの「瞬撃のヴァルキリィ」の感想記事も楽しみにしていますので!

私は、美味しいものを後に残すクセがあるので、感想を
書くまでちょっと時間がかかるかもしれません。
でも、しっかり書きますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/47231

この記事へのトラックバック一覧です: 深見真・作「パズルアウト」について:

« 2003年の百合ニュース・第8位 | トップページ | 2003年の百合ニュース・第7位 »