2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« t.A.T.uアニメ化 | トップページ | 工画堂スタジオのPCゲームのアニメ化 »

2003.12.12

主要アニメ誌三誌から

今月の主要アニメ誌三誌が発売されました。
私も普段はアニメ誌は買わないのですが、今月(2004年1月号)は買いました。
もちろん「マリア様がみてる」の記事が乗っているからです。
(同じ理由で11月号も三誌とも買いました・・・苦笑)

三誌とも見開き2ページくらいの記事なのですが、注目すべきは
スタッフのこの作品への方針というか抱負というかが語られている部分です。
具体的にはいかのような発言は注目ですね。


  • 人と人が出会って、どう理解してどう変わってゆくか、というところを
    逃げずに真正面から描いている。(ユキヒロマツシタ監督、アニメージュ)
  • ラブストーリーだなあ、と思います。(吉田玲子・脚本、Newtype)
  • そうした心の動きや美しさを静かに動かして、独特の美意識を再現
    できればと思っています。(ユキヒロマツシタ監督、アニメディア)

これを読んで、わかっているなあ!
こりゃ本当に、楽しみじゃわい、と感じているのですが、
まったく不安を抱かせないのも、なんだか不安になりますね。
「百合」好きはとても臆病な猫だから、たわいのない不安を
いつも抱いているんですね・・・。

そうそう、いわゆる声優のキャラクターソングみたいな企画は
ないという情報も「アニメージュ」にありましたね。
個人的に、ちょっと楽しみだったので残念かも。
でも、こういう方針は英断だと思います。

・・・で、当然ながら、地方在住の私は本放送を見れません。
しかし、どうして「ヤミと帽子と本の旅人」のようなエロエロ作品をやって、
「マリア様がみてる」はやらないんだ!TVQのばかー!!
※エロエロは関係なく、戦略的な放送地域ということでしょうね。

« t.A.T.uアニメ化 | トップページ | 工画堂スタジオのPCゲームのアニメ化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/21296

この記事へのトラックバック一覧です: 主要アニメ誌三誌から:

« t.A.T.uアニメ化 | トップページ | 工画堂スタジオのPCゲームのアニメ化 »