2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今日買ったものなど(2/2) | トップページ | アニメ版「マリア様がみてる」第ニ話 »

2004.01.31

「姫百合たちの放課後」(2004)

作者は森奈津子氏。フィールドワイ・刊です。

私の記事を読んで、コレを買ってしまった方がいたら
謝罪します。「ごめんなさい!」
期待させるタイトルということもあり、つい買ってしまった
方もいるのではないでしょうか。

はっきり言ってダメダメでしたね。
一話ごとの感想は書きませんが、最初の二編こそ「笑える百合」
としてはなかなか面白いものでしたが(これは既読でした)
後の作品は、安物のエロ漫画レベルでした。

と、言い切ってしまったらそれまでなので、作者の名誉の
ため書いておきますが、エロまでの導入部は、結構奇抜だし
面白いし、シチュエーションもエロいと感じる部分もあるのですが、
エロに入った途端、以前に読んだありきたりなエロ漫画を
想起してしまい、逆に萎えるのです(笑)

# 私はエロくないエロはクズ同然だと思っています。

森氏はご自分が思っているほどエロは巧くない(むしろ下手)
だと思うのです。
# それとも、私がレズビアンでないから感じないだけなのでしょうか?
# ・・・その可能性も高いと思いますが。

まあ、駄作群の中で私がコレはなかなか面白かった
という作品を挙げますと「お面の告白」です。
エロ描写になればなるほど、なんとなくむなしさを
感じさせるところが、とても深くて文芸的でさえある
と思いました。
(多くの人がそう思うかどうかは、微妙ですが)

しかし、いまさらだけど書かせてもらいますが・・・
少女小説で「百合」を制するのは、森奈津子だと信じていた
ことがありました。
それが、コレです。私の落胆も大きかったです。
(この本で落胆したと言うより最近のセクシャルな短編で
落胆していたのだけど)

森氏は、市場で「百合」が受け入れられないというような
グチというか、そういう言葉を良く書かれていたと思います。
でもさ、一度でもまじめな「百合」を書いたことあります??
この「姫百合」でも判るけど、「エス」ものに斜に構えて
まじめに取り扱わなかったのは、実はご本人ではなかったか。
長く読んできただけに残念でなりません。

森氏は最近のエロのない「百合」のブームを一体どういう
気持ちで見ているのでしょうね。

« 今日買ったものなど(2/2) | トップページ | アニメ版「マリア様がみてる」第ニ話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/153715

この記事へのトラックバック一覧です: 「姫百合たちの放課後」(2004):

« 今日買ったものなど(2/2) | トップページ | アニメ版「マリア様がみてる」第ニ話 »