2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「百合こころ」のエロに対するスタンス | トップページ | 出張、アニメ鑑賞 »

2004.02.04

「トランジスタにヴィーナス」6

竹本泉・作、メディアファクトリー・刊です。

毎回思うのだけど、この作品は本当に不思議な作品です。
でも、竹本氏はさすが漫画としては巧いものを描くと思います。

今回は大きなエピソードが2つで構成されています。
前半のエピソードははっきり言って「百合」的にはおいしくない作品です。
この作品の根底はヘテロ(異性愛)なんだなと気づくと思います。

後半のエピソードは、いつもどおりの「レズキス漫画」になっています。
前半が抑え気味だったので、いつもよりおいしく感じます。
イーナスの本命はあくまで男なので、なんだかむなしい感じも
しないではないですが、結婚ネタはネタとわかっていてもおいしいです。

あと、この作品の良いところって、ディープキスではない
ところだと思います。唇を押し当てるようなキスが良いです。
はっきり言って、レズのディープキスシーンなんて飽き飽きするほど
観ているわけです。ありがちなんです。

それを知ってか知らずか、こういう表現にしている竹本氏の
センスにはさすがベテランと言わざるを得ません。
(単に掲載誌の問題なのかもしれませんが)

欲を言えば、もっと「本当の愛情」がほしいところですが、
いちゃいちゃの気持ち良さは、そこら辺のエロ漫画を軽く
凌駕していると思うので、多くは望まない方が良いかもしれません。

個人的に、こういうノリでマジっぽい女同士の恋愛を扱った
作品が読みたいですね。

でも、それが難しいんですよね・・・

# 明日は多分休みます。

« 「百合こころ」のエロに対するスタンス | トップページ | 出張、アニメ鑑賞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/164441

この記事へのトラックバック一覧です: 「トランジスタにヴィーナス」6:

« 「百合こころ」のエロに対するスタンス | トップページ | 出張、アニメ鑑賞 »