2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今日買ったものなど | トップページ | 漫画版「マリア様がみてる」第9話 »

2004.02.25

アニメ版「マリア様がみてる」第六話

「ロサカニーナ」です。
今回は、批判的言辞を弄します。ご注意ください。

一言で言えば、酷い出来でした。
前にも書きましたが、はしょるのは仕方がないですが
フォローが出来ていません。これはイタイです。

主要な台詞は原作と同じだという方もいるかもしれません。
確かにその通りですが、その台詞に至るまでの心理描写や
雰囲気作りをはしょっているために、重要な台詞が有効に
働いていないのです。

時間が無いのなら、短くても有効な(オリジナルの)シーンや
台詞を新たに入れるべきだったと思います。

「ロサカニーナ」は一見地味だけど、原作でも祐巳を中心とした
縦線(紅薔薇ファミリー)と横線(由乃さんや志摩子さん)
が有効に機能し始める、重要なエピソードです。
心理描写が不得手なアニメに、このエピソードをしっかり
表現するのは、かなり難しいと思ってはいましたが、
今回の脚本は、努力の跡すら見られませんでした。

それどころか、このエピソードの重要性を理解しているかどうか
も判らないレベルです。

せめて、蟹名静嬢のちょっとお茶目で(不思議な)存在感や、
志摩子さんの静だけど芯の通った描写だけでも成功さえて
欲しかったですが、それさえ満足の行く出来ではありませんでした。
(DVDで作画が綺麗になれば、志摩子さんの描写は巧くいく
可能性もありますが)

作画は台所事情で、しょうがない部分は確かにあるので、
ある程度あきらめていますが、演出や脚本は
しっかりしたものを期待したのですが・・・。

今回は残念でなりません。
出来れば作り直して欲しいくらいです。

« 今日買ったものなど | トップページ | 漫画版「マリア様がみてる」第9話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/234111

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「マリア様がみてる」第六話:

« 今日買ったものなど | トップページ | 漫画版「マリア様がみてる」第9話 »