2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今日買ったものなど | トップページ | 「これが私の御主人様」2 (2004) »

2004.02.29

「百合天国」Vol.02 (2004)

2/24に買った、「百合天国」Vol.02の感想です。
この日の記事にも書いたのですが、正直言って
私は、このアンソロジーが続刊するとは、思っていませんでした。

本屋を回ってみて、発行部数が少なそうだったというのも
ありますが、ちゃんと読者が付くかどうかというのも心配でした。

しかし、2巻が出たわけで、それなりの読者は獲得できている
と思って良いのではないかと思います。
嬉しいことです。

さて、「百合天国」は「男子歓迎」という、うたい文句を
掲げています。その体現として、巻頭にえつる氏のロリっぽい
イラストを配したり、そのスジで有名な、へっぽくこん氏を
起用したりというところは見られますが、基本的に先行した
「百合姉妹」と内容はほとんど同じです。

ただ、こちらの方がピンキリに差があるような気もしますが。

そうそう、正統派の百合ものって大きくわけて2つあるような
気がします。

(表面的に)甘々なもの
(心理的に)女の子を好きになる苦悩を描いたもの

個人的には後者の方が好きですが、「百合天国」は上記2つの
バランスが半分半分のような気がします。
# 「百合姉妹」は後者の方がちょっと多いかなと言う感じですね。

個人的にお気に入りは、以下の3つです。
「接点」寺本薫・作
「一番の人」星逢ひろ・作
「光のむこうへ…」カシマミ・作

# 星逢ひろ氏はストレートなエロ漫画家だけど、良い感じを
# 出していました。

もちろん、これ以外も美味しくいただくことが出来ました。

« 今日買ったものなど | トップページ | 「これが私の御主人様」2 (2004) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/248186

この記事へのトラックバック一覧です: 「百合天国」Vol.02 (2004):

« 今日買ったものなど | トップページ | 「これが私の御主人様」2 (2004) »