2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« スーパードルフィー続・続報 | トップページ | 漫画版「マリア様がみてる」第10話 »

2004.03.09

「エンリル・エッジ 刃をまとう女神たち」

鈴羽らふみ・作、ファミ通文庫・刊です。

この作品の「百合」的な見所は、主人公・麻紀(悪魔少女)と、
麻紀から派生したもう一人の麻紀である真衣の関係です。
# 悪魔少女と言っても、本物の悪魔というわけではありません。

この作品、ちょっと設定が凝っていて、この2人の関係が
つかめるまで、よく分からないことがあります。
説明も少ないですし。

元々は1人から2つの人格が出来たわけで、ある意味
自己愛的な「百合」とも言えるし、自己愛的な「百合」は好き嫌い
別れそうです。
しかし、少なくとも、この作品においては、自己愛的な
表現はほとんどありません。麻紀と真衣は完全に別人格っぽく
表現されています。

こういう設定は新鮮ではあります。

そして、最初、互いに嫌っていたようなこの2人が、だんだん認め合う
という展開は、「百合」的として、なかなかレベルが高いと思います。

ただ、作風かも知れませんが、ちょっと性格描写が薄いような
気もします。
作者はあとがきで「少女系バディ(相棒)物」と書いていますが、
そこまで行っていない感じもします。

でも、シリーズが続刊するようなら、2巻目はもっとおいしい
展開が予想できます。続けて欲しいですね。

あと、この作品に出てくる気になる男キャラを、ああいう風に
するとは、作者は本当に「百合」(少なくともアンチヒロイズム)
志向があるかもしれません。

« スーパードルフィー続・続報 | トップページ | 漫画版「マリア様がみてる」第10話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/281496

この記事へのトラックバック一覧です: 「エンリル・エッジ 刃をまとう女神たち」:

« スーパードルフィー続・続報 | トップページ | 漫画版「マリア様がみてる」第10話 »