2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「あやかし忍伝くの一番 外伝」其之壱(1997) | トップページ | 「Kiddy Grade」CASE.4,5(2003) »

2004.04.17

「続ける為のいくつかの方法」(1995)

山村路・作、マガジンマガジンJUNEコミックス・刊
短編集「最後の初恋」収録。

今日も4/2に書いた「明の明星女学院の初夏」と同じく、
一般には知られていないけど「百合」好きなら知っているかも
しれない名作の感想です。

収録されているコミックスの名前で判るとおり、
この短編集はボーイズラブ(男男)の要素もありますが、
男女の恋愛もあるし、女女の恋愛もあるという本です。

収録作は、いずれも非常に真面目な作品だと思います。
JUNE系というか、90年代のセクシャルマイノリティを扱う
作家はいろいろな恋愛にニュートラルである気がします。

さて、そんな中でこの作品もなかなか珠玉の作品だと
言えると思います。

内容は大人びた雰囲気の学園モノです。
絵はイマ受けしなさそうだし、話もそれほどの起伏はないけど、
なんというか心の揺れ動きの表現がピカイチなのです。
表現が綺麗感情移入しやすいと言いますか。

それもオタク系のキレイ表現(どことなく記号的で、伝統芸能的)
ではなく、作者が持っている独特の美意識みたいな
ものとして感じることができます。
こういうのが、作品の説得力につながっていると思います。

近年いろいろな「百合」漫画のアンソロジーが出ていますが
心理描写という観点では、この作品レベルって意外とあまり
出て無いような気がします。

というか、「百合」アンソロジーの作品ももうちょっと
ページがあれば、このレベルの作品はそれなりに出てくると
思えるのですが。
# 因みにこの作品は40ページ、「百合」アンソロは
# せいぜい24ページです。

この作品を久しぶりに読んで、「百合」アンソロもまだまだ
改善が必要だと思いました。

« 「あやかし忍伝くの一番 外伝」其之壱(1997) | トップページ | 「Kiddy Grade」CASE.4,5(2003) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/454801

この記事へのトラックバック一覧です: 「続ける為のいくつかの方法」(1995):

« 「あやかし忍伝くの一番 外伝」其之壱(1997) | トップページ | 「Kiddy Grade」CASE.4,5(2003) »