2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今日買ったものなど | トップページ | 「いおの様ファナティクス」 »

2004.05.03

「響ヶ丘ラジカルシスターズ」

井上剛・作、ソノラマ文庫・刊。

感想です。
個人的には、(宝塚のような)音楽学校の生徒達の
友情ありーの、嫉妬ありーの、団結ありーの、
愛と青春の物語だと予想していたのですが、違いました(笑)
(ちょっとはありますが)

いかにもライトノベル(でもちょっとマニアックなテーマ)
という感じの元気の良い作品でした。

当初の予想通り「百合」としては微妙であるものの、
後半、由宇がまどかにケンカのやり方を教えるシーンは
なかなか良いところがありました。
(その直前まで仲違いしていたというのもプラス効果)

これで、作者が「百合」指向で、まどかが由宇を友達以上
存在と認めるような展開なら、かなり良かったのですが
その点では残念でした。
妄想120%位を駆使すれば美味しくなる作品だと思います。

あと、この作品は、宝塚や歌舞伎の知識が満載で、勉強に
なります。
ずっと以前、BBC WORLDで宝塚音楽学校の特集をやっている
のを観たのですが、その雰囲気は出ていたと思います。
(特に前半)

« 今日買ったものなど | トップページ | 「いおの様ファナティクス」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/533839

この記事へのトラックバック一覧です: 「響ヶ丘ラジカルシスターズ」:

« 今日買ったものなど | トップページ | 「いおの様ファナティクス」 »