2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« スーパードルフィー(福沢祐巳)レビューその2 | トップページ | 「R.O.D THE TV」 DISC.2 »

2004.06.10

「ゆびさきミルクティー」1,2巻

宮野ともちか・作、白泉社JET COMICS・刊です。

※久しぶりに、かなり批判モードです。
この作品を好きな方は、読まないことをお勧めします。

一言で言えば・・・なんだこりゃー!!
私がもっとも嫌いなタイプの作品でした。

下心見え見えのクセに、繊細でナイーブぶっている演出が
非常に鼻につきます。
「まごころ」とか言っているサラ金のCMと同じです。
本物の「繊細でナイーブな演出」や「まごころ」まで腐り
そうなので、やめていただきたいものです。

いえ、作者にはそういう意図はないのかもしれない。
良くあるちょっとエッチな青春漫画や、エロゲーなどでは
アタリマエになってしまっている演出なので、自分の作品
でもやっているだけかもしれない。
無自覚にも。無批判にも。

そういうわけで1巻は読む必要はないと思います。

2巻も似たようなものだけど、「百合」キャラが出ている
だけマシかもしれません。
といっても、この娘が、一人称「ボク」なんですわ。
とほほ~(脱力)

え?天上ウテナも同じだって?
・・・とか言う人は、まさかいないでしょうね。

違うんですよね。本質的に。
天上ウテナはトランスジェンダー的な考えが元にあって、
一人称が「ボク」というキャラなわけです。

この作品や、他のオタク系作品の「ボク」キャラは
単に、「生意気ざかり」を演出しているに過ぎません。
男の主人公(=読者)から見て、男として優位に立て
可愛いと思わせる萌えアイテムなのです。

恐らく作者は、こういう事さえ判ってないのでしょうね。
はぁ・・・(溜息)

私のおすすめ度は・・・
■■□□□□□□□□です。
可愛ければ許すというなら、
■■■■□□□□□□です。

いずれにしても2巻だけ読むことをおすすめします。

« スーパードルフィー(福沢祐巳)レビューその2 | トップページ | 「R.O.D THE TV」 DISC.2 »

コメント

またまた失礼いたします。Wild Fanciezです。

自分も、1巻を立ち読みしたとき同じような感想を持
ちました。で、お口直しに(^^)こんな作品は如何で
しょうか?ご存知でしたらすみません。

榛野なな恵「パンテオン」(集英社)
「ピエタ」の榛野先生の最新作です。ヒロインを気に
かけるボーイッシュ少女の奮闘ぶりが萌え~です。
とにかく榛野先生は安心感抜群です。

コメントありがとうございます!

>榛野なな恵「パンテオン」(集英社)

これは知りませんでした。
「ピエタ」は持っているので、期待したいですね。
早速明日探してみます。

ところで、ご紹介頂いた笹野みちる「ガール・ミーツ・ガール」
をゲットできました。
CDショップではどうしても見つからなかったのですが
ネットショッピングでゲットできました。
1995年の作品だったんですね。

まだ聴いてないのですが、後日、感想書きます。

情報ありがとうございました!!

こちらこそ、お役に立てて光栄です。
感想楽しみにしてます~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/746785

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆびさきミルクティー」1,2巻:

» 男性にもお勧めできる女性漫画家 [バンパク!]
女性漫画家という括りは、当の本人には失礼な話かもしれないけど、男性漫画家の中で明らかに異彩を放っていますよね。キャラクター作りが精緻であったり、衣装に凝ってたり。現在連載されているものを中心に、男性でも読める女性漫画家と代表作を挙げてみます。... [続きを読む]

« スーパードルフィー(福沢祐巳)レビューその2 | トップページ | 「R.O.D THE TV」 DISC.2 »