2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「6月の薔薇」残念の記 | トップページ | 「デ・ジ・キャラットにょ」プリンセススクール編 1 »

2004.06.29

「パンテオン」1(2002)

榛野なな恵・作、集英社 QUEENS COMICS・刊

さて、この作品は「ビアン系」ではありません。
完全に、少女漫画的な百合だと思います。

話としては、兄妹(遼一と彰子)とその妹に感心を
寄せる女の子(桃子)の三角関係、という感じの作品です。
(完全な三角関係でもありません)

妹は極度のブラコンだし、この1巻はあまり「百合」としての
踏み込みはありません。
しかし、なんというか、さすがは榛野なな恵というか
心理描写は本当に巧みです。

ほんの些細な描写で「桃子は彰子のことをどう思って
いるのだろう」と思わせるのが巧いですよね。

しかし、1巻の基調は完全にヘテロです。
「百合」的な見所は、あくまで桃子と彰子。しかし
彰子はブラコンだし。ブラコンってヘテロ度高そうだし。
もしもこの二人がくっつくような事があれば、
それはかなりの奇蹟だと思います。

さて、どうなりますか。
ほんのわずかな可能性を期待して、読むのも良い
かもしれません。

この1巻のおすすめ度は・・・
■■■■■□□□□□
としておきます。

« 「6月の薔薇」残念の記 | トップページ | 「デ・ジ・キャラットにょ」プリンセススクール編 1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/867985

この記事へのトラックバック一覧です: 「パンテオン」1(2002):

« 「6月の薔薇」残念の記 | トップページ | 「デ・ジ・キャラットにょ」プリンセススクール編 1 »