2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今日買ったものなど+検索順位 | トップページ | 「R.O.D THE TV」 DISC.5,6 »

2004.06.21

「インディゴ・ブルー」(2002)

やまじえびね・作、祥伝社・刊

「夜を超える」と同時に買った物件です。
買ったときに「ストレートに百合ではない」と書いた
のですが、思ったよりストレートでした。

ただし、「LOVE MY LIFE」ほどではありませんが。

さて、この作品、簡単に書けば、主人公で小説家・中川留都と
編集者の男性・龍二、レズビアンで別の雑誌の編集者の
矢野環の三角関係を描いた作品です。

三角関係といっても、直接対立するわけではなく、
あくまで主人公が三角関係の間で思い悩むという
タイプの作品です。

かなりセクシャルで、男女や女女のセックス描写
多いです。(もちろんハードコアではありません)

また、この作品には、キャラクターとしてかなり立っている
男性キャラ(龍二)も登場しますが、個人的にはイヤな
感じはしませんでした。

「百合好きさんへの33の質問(3/3)」問24
「絡んできそうなキャラはイヤですね。」と書いたのですが
龍二は思いっきり絡んできます。
それでもイヤな感じがしなかったのは、
龍二が正確に男性として描かれているというのと、
変に悪者にしなかったというのが好感が持てたからだと
思います。

# まあ、余裕でいられるのも、最終的に
# 留都と環がくっつくからなのだけど(笑)

いわゆるビアン物は、セクシャリティというレズビアン
にとってかなり大きな問題を表現することが
多いのですが、この作品はあくまで恋愛の一つの形態として
女同士の愛を描いているように感じます。
(もちろん、単に表面なだけでもありません)

それゆえ、やまじえびね作品は、「ビアン風」だと感じる
のでしょう。(もちろん蔑称ではないです)

実は、この作品「LOVE MY LIFE」より面白かったです。
「LOVE MY LIFE」はあまりひねってなくて、「百合」
的には美味しかったのだけど、リアル系の絵と作風と
しては物足りなさも感じていたのです。

この作品は、そういう点では問題はクリアされていると
感じました。

この作品の「百合」としてのおすすめ度は
■■■■■■■□□□
です。
が、リアル系を許容できる方には
■■■■■■■■□□
としておきます。
リアル系としてはなかなかの良作だと思います。

« 今日買ったものなど+検索順位 | トップページ | 「R.O.D THE TV」 DISC.5,6 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/813980

この記事へのトラックバック一覧です: 「インディゴ・ブルー」(2002):

« 今日買ったものなど+検索順位 | トップページ | 「R.O.D THE TV」 DISC.5,6 »