2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「デ・ジ・キャラットにょ」プリンセススクール編2 | トップページ | 今日買った物など »

2004.07.20

「宇宙のステルヴィア」FOUNDATION VII,VIII(2003)

20~26話の感想です。

第一印象としては、アニメとして意外と真面目な作品
だったというところです。ただ、やはり光太の性格の
変容が納得できませんでした。
あんなに変わるものなのでしょうか。

やはり、前半の性格が演出にとって恣意的過ぎたのだ
と思います。ということで、アニメとしてはこの点が
引っ掛かり、素直に楽しめなかった印象です。
(淡々とした盛り上げは良いと思いましたが)

まあ、光太などどーでもよろしい(笑)

「百合」的にはやよいと初佳ですが、予想の範囲内でした。
まあ、あんなものでしょう。
この作品にこれ以上を望むのは、ある意味、
酷かもしれません。しかし、2年後のシーンでもあまり
触れられなかったのは残念至極ですね。

ところで・・・宇宙人は??(笑)
# 「大運動会」ネリリ星人の潔かったこと!(笑)

これが続編への布石なのでしょうね。
続編はさらに数年後(あるいは数十年後)、宇宙人との
コンタクトがメインになるのでしょうが・・・
百合的には・・・やはり佐藤竜雄監督には無理かなあ。
でも、ほんの少し期待していますが。

シリーズ全体としてのおすすめ度は・・・
■■■■■□□□□□
というところですね。(これでも甘いかも)
がまん強い方なら、
■■■■■■■□□□
くらいにはなるかと。
(あの告白シーンは、やはり嬉しいので)

« 「デ・ジ・キャラットにょ」プリンセススクール編2 | トップページ | 今日買った物など »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/1013991

この記事へのトラックバック一覧です: 「宇宙のステルヴィア」FOUNDATION VII,VIII(2003):

« 「デ・ジ・キャラットにょ」プリンセススクール編2 | トップページ | 今日買った物など »