2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 漫画版「マリア様がみてる」第18話 | トップページ | 「いおの様ファナティクス」2話 »

2004.08.25

「ムシウタ 03.夢はばたく翼」

岩井恭平・作、角川・スニーカー文庫・刊

3巻から読むので、設定は良くわからないのだけど
"虫"に憑依されることで、超能力を発現する少年少女たち
(実際には組織)の抗争を背景にして、ふとしたことで行動を
共にすることになった3人娘道中記という感じの作品です。

話としては意外とシビアで、生きるの死ぬのという
緊張感のある世界観になっています。

# ロートルの私は、昔のアニメ「ミクロイドS」を想起して
# しまいました。実際にはあまり似ていないのですが。

「百合」としては、最初はお互いを信じることが
できなかたった3人娘が、徐々に信頼関係を構築してゆく
過程
が読みどころです。
精密な描写ではないにしろ、かなり自然に表現できていると
思います。キャラクター設定も上手です。

しかし、「百合」として全く問題がないではありません。
3人娘のうち、2人までが、行動の根本に男がいるのです。

最終的には分かり合うと言っても、3人(奇数)だし、
男の影もあるしで「百合」としてはちょっと残念ですね。

また、この作品の根底には古典的なヒロイズム
(ボーイ・ミーツ・ガールで、ボクがキミを守ってやる
みたいな)の匂いを感じました。
こういうのも「百合」としてはマイナス要因ですね。

# この3巻にはそういうのはほとんどないので、私の
# 勘違いの可能性もありますが。

読んでいてドキドキハラハラさせる手腕は、なかなかな
ものだし、ライトノベルとしては非常に良くできた作品だと
思いました。

おすすめ度としては・・・
■■■■■■□□□□
というところかな。
3人娘の関係に妄想的感情移入できる人なら
もう少しいくかもしれません。

« 漫画版「マリア様がみてる」第18話 | トップページ | 「いおの様ファナティクス」2話 »

コメント

あっ、ここに書いても見てくれるんですね。と今更、気が付く(汗
そもそも、妙なところで、作品紹介をしたのはこれを読んだからなのです。
続いて、4,5巻を読んでいれば悶絶したはずです。惜しいなぁと。
それから、Bugの方は百合的には微妙ですが別に、無闇にフラグは立ってませんでした。

コメントありがとうございます。
★ONE様

こんな古い記事を探してくださって、
ありがとうございます。

>「ムシウタ」

今日、5巻を買いましたよ。
4巻はなかなか綺麗な本が無くて・・・
もう少し探してみます。

# 綺麗な本をゲットしたいというのはいかに
# もオタクの所行ですね(汗)

>悶絶

したいです!(汗)

そうそう、この作品、アニメ化もするそうで、
そちらも楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/1279860

この記事へのトラックバック一覧です: 「ムシウタ 03.夢はばたく翼」:

« 漫画版「マリア様がみてる」第18話 | トップページ | 「いおの様ファナティクス」2話 »