2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今日買った物など | トップページ | アニメ版「マリア様がみてる~春~」第十話 »

2004.09.15

「蒼穹の女神II アドラーアングリフオペラツィオン」

すずきあきら・作、MF文庫J・刊

この作品、「茨の城」に次ぐ今年のヒットかもしれません。
(「茨の城」との差はかなりあるとは思いますが)

さて、2巻は、エリィカ達の中隊に新しい仲間が加わる。
エリィカにとっては上官だけど、貴族出身で、エリィカは
好きになれない。そんな折り、軍の大作戦が始まる・・・。
というような展開です。
ラストはライトノベルとは思えないほど悲劇的な戦争もの
傾いていきます。

ある意味ライトノベルっぽい主人公であるエリィカが
戦争の現実に直面するという、なかなか痛々しい展開ですが、
小説としてはこういうのは好感が持てると思います。
(好き嫌いはありそうですが)

肝心な「百合」としては・・・これが実に良い!
さすがに、三角関係までは進展しなかったけど、
ミラージュに対して、犬のように振る舞うエリィカがなんとも
かわいらしいのです。

着替えを手伝うシーンは、クラクラきちゃいます(笑)
個人的にはフルマーも前に出して欲しかったですが、その
代わり、ウーメラがエリィカに気があるような描写も
あったりして、強烈においしい作品になっています。

田中彩子ではないけど、女性の軍人は100%レズビアンだと
信じたくなってしまいました(笑)

とはいっても、前半に書いたように悲劇的な展開なので
続編では誰が死んだり、エリィカが政治的に利用されたり
しそうで読むのが怖い気もします。

おすすめ度は・・・
■■■■■■■■■□
は充分に行っていると思います。

満点はラスト次第ですね。でも、ここに来て有望な作品
出てきたと思います。

1巻「蒼穹の女神 111ヤークトシュタッフェル」の感想は→ココ

« 今日買った物など | トップページ | アニメ版「マリア様がみてる~春~」第十話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/1444552

この記事へのトラックバック一覧です: 「蒼穹の女神II アドラーアングリフオペラツィオン」:

« 今日買った物など | トップページ | アニメ版「マリア様がみてる~春~」第十話 »