2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ヤミと帽子と本の旅人」page5,6 | トップページ | 「同性愛も追求できる『ザ・シムズ2』」という記事。 »

2004.10.14

漫画版「マリア様がみてる」第20話

「マーガレット」2004年20号に掲載の分です。
「白きはなびら」、前編です。

今回もやはり、原作に忠実です。
オープニングの聖の描写は、アニメ版では不十分に思えたの
ですが、漫画版は完璧です。
これがなければ、どうして栞に惹かれたの説得力がなくなります
よね。

で、栞ですが、漫画版はかなりの美少女です(笑)
個人的には、アニメ版の方がイメージに合っていました。
印象が薄くて、どことなく冷たい感じがする、というのが
イメージどおりだったのです。原作でも「目立たない」ということ
でしたし・・・でもまあ、これはこれでよいか(笑)

栞の心理描写を敢えてせず、聖の一方的な
心理描写
にしている点も、この作品を名作たらしめています。
(もちろん原作も)

あと、重要なのは容子の描写ですが、これもいい感じです。
要所要所で聖に声をかけるのですが、これが後半効いてくるん
ですよね。(原作の巧いところです)

あと、雨の温室のシーン。良いですね~これ。
髪を編むシーンもしっかり再現しているし。
こんなマジ「百合」を読めるなんて、うれしくてクラクラします(笑)

なんとなく、キケンな雰囲気も出しているし、良い漫画化でした。

さて、前半のおすすめ度は・・・
■■■■■■■■■□
としておきます。これは一時的な点数です。
満点は後半次第ですが、まず大丈夫でしょう。

« 「ヤミと帽子と本の旅人」page5,6 | トップページ | 「同性愛も追求できる『ザ・シムズ2』」という記事。 »

コメント

http://d.hatena.ne.jp/asamioto/20041020#p2
http://d.hatena.ne.jp/maki-ryu/20041019#p1
大阪のビアンバーで、マリみてのコントとか交流会とか のイベントがあるらしい。うわー羨ましい。夢にまで見た(見たのか)女子オンリーなイベントですよ。女子だけで語れるのは羨ましいなー。しかしコントって何をするのでしょうか。(笑)ていうかとにかく色々気になる。女性でありながら「祥子さま」というカクテルを飲みつつ参加したかったー。*1私はもっと女子とマリみて語りをしたい〜。(結構してるほうかもしれない!けど!もっと!)
http://homepage3.nifty.com/Jelly_Fish/company%2B.htm

http://d.hatena.ne.jp/asamioto/20041020#p2
http://d.hatena.ne.jp/maki-ryu/20041019#p1
のイベントがあるらしい。うわー羨ましい。夢にまで見た(見たのか)女子オンリーなイベントですよ。女子だけで語れるのは羨ましいなー。しかしコントって何をするのでしょうか。(笑)ていうかとにかく色々気になる。女性でありながら「祥子さま」というカクテルを飲みつつ参加したかったー。*1私はもっと女子とマリみて語りをしたい〜。(結構してるほうかもしれない!けど!もっと!)
http://homepage3.nifty.com/Jelly_Fish/company%2B.htm

情報ありがとうございます。

なんだか面白そうなことやってますね。
しかし、「マリア様がみてる」のコスプレでお酒アリなのは
ちょっと違和感かも(笑)

大阪近隣在住の女性の方は参加してみては?
(ビアンONLYってわけでもないのですよね)

私は、11/7(開催日)以降のネット上の参加レポートなどを
楽しみにしています。(誰かやってくれないかな)

正確には3/30の日記ですね。
ああ、たばこですか(笑)
体にはよくないですね。

そういえば「おにいさまへ」のサン・ジュストさまも
喫ってましたね。でも、今時たばこで反社会的なものを
表現しているのなら、もはや手垢どころではないですね(笑)
かっこよさを表現しているのなら、なおさらですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/1681284

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画版「マリア様がみてる」第20話:

« 「ヤミと帽子と本の旅人」page5,6 | トップページ | 「同性愛も追求できる『ザ・シムズ2』」という記事。 »