2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« PCが起動しないんです | トップページ | Holy Friday 聖金曜日の魔法 »

2004.10.25

「キディ・グレイド」3

志茂文彦・著、角川スニーカー文庫・刊

アニメ版の感想はかなり前に書いています。
「百合」としては期待外れだった、というような感想でした。

今回は、アニメ版ノベライズの最終巻の感想です。
個人的には、アニメでは不十分に思えた、キャラクターの心情描写
(特にリュミエールの)に期待したのですが・・・結果からいうと
アニメ版と同じく、不十分に思えました。
というか、諦めがついたといった方が良いかもしれません。

作品としては、後半以降の怒濤(?)の展開の文章化です。
アニメ版で説明不足だった部分がかなり補完されていて、SFというか、
古い言い方をすれば、スペースオペラとしてはそれなりに面白かったと
思います。

この作品は、意外と壮大なテーマを持っているのですが、アニメ版は
それを表現するには予算も、スタッフの実力も足りなかったということが
よく分かりました。(後藤圭二氏のあとがきでも伺えます)

まあ、そういうことは、「百合」でさえあれば、百歩も二百歩も
譲れる要素です(笑)
この作品を「百合」として語る上で、一番欠けた部分は、なんと言っても
エクレールとリュミエールの関係の描き方だったのですが、小説版も
そのあたりはイマイチでした。
「点」としては良い部分もあるのに、「線」になっていないというか。

アニメ版の前半の感想で、期せずして「ダーティーペア」みたいと
書いたのですが、やはりこの作品も「相棒(バディ)もの」の枠を
超えることはなかったというところですね。

「相棒(バディ)もの」は「百合」の芽がでないという、経験則を強固に
してしまった感じです。

例外として「NOIR」が挙げられると思いますが、これは、相棒に食い込む
第三のキャラクターが、「百合」としては良い方に働きました。
してみると、この作品もクロエの役割をするキャラクターがいれば
「百合」的に美味しくなった可能性はあると思います。
全てが後の祭りですが。

おすすめ度は・・・
■■■■■□□□□□
としておきます。アニメ版の感想ではおすすめ度制度がなかったので
書いていなかったのですが、小説版と同じです。
キャラクターに感情移入し、妄想を絡めれば美味しく賞味できる作品だとは
思います。キャラクターの魅力もありますし。


ところで・・・まだメインのPCが使えません(泣)
OSの起動はするようになったのですが、キーボードが
使えず、ログインも出来ないのです。
(BIOSではキーボードが使えるのに)
Winfaqとかで紹介されている、おまじないもダメだし。
一体どうしたら・・・。

ということで、今日の感想は会社で書きました(笑)

« PCが起動しないんです | トップページ | Holy Friday 聖金曜日の魔法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/1773343

この記事へのトラックバック一覧です: 「キディ・グレイド」3:

« PCが起動しないんです | トップページ | Holy Friday 聖金曜日の魔法 »