2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「紅茶ワルツ」 | トップページ | 今日買った物など »

2004.10.16

「マリア様がみてる プレミアムブック」

一応18冊目、なのですが、どちらかといえばアニメ版の
ムック
的な本です。

コバルト文庫では時々アニメのムックを文庫サイズで出す
ことがあったのですが、この本は恐らく、ずいぶん久しぶり
のムック本だったと思います。

本の構成としては、以下のようになっています。
・アニメ版各話の紹介
・アニメ版の設定資料
・アニメ版のベストシーン
・声優インタビュー
ひびき玲音氏の短編漫画「祭りの前」
・短編小説「マリア様がみてる Answer」

アニメ版のムックの部分は、カラーで良いのですが、
どうせなら大きいサイズで見たかった人も多いでしょうね。
私もそうです(笑)しかし、文頭の方でも書きましたが、
コバルト文庫の伝統を守っているという点では、納得
できるところでもあります。

背景の設定の解説文章が、「ですます調」なんですよね。
それが妙に良いなと思いました(笑)

「祭りの前」は、原作1巻の「シンデレラ」の衣装合わせ
のシーンを漫画化したもの。
ひびき玲音氏は、何度か「コバルト」誌にも漫画版を
載せていますが、これが一番良い出来だと思います。
漫画として、とてもコミカルで楽しい作品です。
ほとんどイラストしか描いていない作家には思えないです。
・・・と言うとほめすぎかな(笑)

「Answer」は声優インタビューでの伊藤美紀さんの
リクエストに今野緒雪氏が応えた作品(笑)

水野蓉子と祥子さまのなれそめを描いた作品ですが、
薔薇さま達が良いのです。どうも、今野氏はこういう、
ちょっと悪戯っぽい先輩を描くのが大好きなのでしょうね。
そういう気がします。

「百合」としてはロマンチックでは無いし、短いですが、
とても「マリア様がみてる」っぽい作品だと思います。

細かいですが、2年生の祥子さまが「十分」「じっぷん」
と発音しています。若い人で、こう発音する人いるかな。
そういうのも祥子さまっぽいかっこよさを表現している
と思います。

おすすめ度は・・・
■■■■■■■□□□
ということにしておきます。

「百合」としてはめぼしいところがないのでこの点数です。
ムックとしては悪くないと出来だと思います。
文庫サイズは残念だけど、しょうがないかなと。

« 「紅茶ワルツ」 | トップページ | 今日買った物など »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/1697378

この記事へのトラックバック一覧です: 「マリア様がみてる プレミアムブック」:

« 「紅茶ワルツ」 | トップページ | 今日買った物など »