2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« アニメ版「マリア様がみてる~春~」第十二話 | トップページ | 「アカイイト」吸血シーン体験版 »

2004.10.08

「PURE まりおねーしょん」2

髙木信孝・作、メディアワークス・刊

まずは話の内容です。
アンドロイドである「あのん」は人間社会を学習するため一般の学校
(女子校)に通っています。
そこで、いろいろな人間と接するうち、「あいな」(女の子)とラブラブ
なるというというお話です。

美少女アンドロイドが、身分を隠して一般学校に通うというのは
いかにもオタクが好きそうなネタですが、これほど「百合」を
意識した作品はかつてなかった
と思います。

2巻は、あいなのあのんへの想い詰めようがさらに増します。
このあたり、かなり、非常にオイシくなっています。

こういうのが大好きな人の気持ちはわからないではないですが
私はイマイチ感情移入しませんでした。
やはり、美少女アンドロイドである意義というか、そういうのが
あまり語られず、単にオタク受けを狙ったようにしか思えませんでした。

個人的には、アンドロイドである意味をもっともっと深く追求して
少女型アンドロイドと生身の女の子の恋(性別、生物に依存しない、
ある意味究極の愛
)を、哲学的なまでに高めて欲しかったです。
せっかく良い素材なのに、もったいないという感想を持ちました。

もっとも、髙木氏がそういう芸当ができない作家であることは良く
知っていますが、これでは、あいなが単に人形に恋するタイプの、
フェチな女の子
だったととられても仕方ない印象さえします。

あと、前作「ココロ図書館」に比べて絵的に拙く思えたのは
私だけでしょうか。手を抜いているというより、作風に迷いがある
というかそういう感じがしました。

とまあ、批判めいたことを書きましたが、これほどオタク向けの
作品でストレートな「百合」ものをやったという点ではかなり
評価できると思います。

また、(真性に)美少女好きの作家である髙木氏が、キレイな恋愛の
としてアンドロイドと生身の女の子の「百合」ものにしたという
こと自体が、とても興味深いですね。

ということで、私のおすすめ度は・・・
■■■■■■■■□□
です。
この手の作品を、何の疑いもなく読める、PUREな(笑)人には
■■■■■■■■■■
満点をつけても良いと思います。

« アニメ版「マリア様がみてる~春~」第十二話 | トップページ | 「アカイイト」吸血シーン体験版 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/1628579

この記事へのトラックバック一覧です: 「PURE まりおねーしょん」2:

« アニメ版「マリア様がみてる~春~」第十二話 | トップページ | 「アカイイト」吸血シーン体験版 »