2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今日買った物など+検索順位 | トップページ | 雑誌「まんがタイムきららMAX」2004年11月号 »

2004.11.14

「カレイドスター」5th~7th Stage

DVDのStage.2の範囲です。

では、5話。この話を観ていて確信したのだけど、やはり
この作品はホリプロの息がかかっているようですね。

主人公そらは、幼い頃、両親を亡くしているわけです。
これは「アイドル伝説えり子」を連想するし、単身アメリカに
渡り、芸能活動をしているのは「アイドル天使ようこそようこ」
を連想しますね。
# ちなみに、「えり子」も「ようこ」も「百合」としては
# イマイチでした。「ようこ」の初期の頃は「百合」的に
# いい感じのエピソードもあったのですが。

つまり、そういう血統の作品だということを感じました。
そう考えたら、「カレイドステージ」がアメリカでやっている
わりにファンシー、という疑問も解消するようです。

さて、5話は4話までに比べたら暗いイメージですが、こういう
話もアリということですね。

6話、これも子供向けを意識したエピソードです。
ミア、アンナの友情がとても気持ちいいです。4話までの
気持ちいいサクセスストーリーがまた戻ってきた感じです。
ところで、フールがマスコットじゃないのね(笑)

7話、ロゼッタ登場です!(笑)
天才気質キャラは、よくある感じといえばそうですが、
そらと絡ませることで輝く、というのは良いですね!
(こういう話はもっと後かと思っていました)

そらが必要以上に天然すぎる感じもしますが、そーいう細かい
ことはとりあえず置いときます(笑)
このエピソードは「百合」としてとてもおいしいです!
「百合」好き必見のエピソードだと思います。
さて、いったん去ったロゼッタですが、再登場するときが
楽しみですね。

ライバルになっているか、かわいい妹になっているか・・・。
どっちにしても楽しみです。

DVD付録のライナーノーツ掲載の4コマ漫画でもロゼッタの
そらラブ!なところが見れますよ(笑)
# 「妹いじめ楽スィー♪」って・・・?

ではこの3話のおすすめ度は・・・
■■■■■■■■□□
とします。
やはり7話ですね。恋愛感情直前という雰囲気がとても
よいのでこの評価です。

ところで、DVDに付属のCD-ROM、アクセスできない・・・。
Stage.1のはアクセスできたのですが。なぜ?

« 今日買った物など+検索順位 | トップページ | 雑誌「まんがタイムきららMAX」2004年11月号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/1963443

この記事へのトラックバック一覧です: 「カレイドスター」5th~7th Stage:

« 今日買った物など+検索順位 | トップページ | 雑誌「まんがタイムきららMAX」2004年11月号 »