2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 雑誌「まんがタイムきらら キャラット」Vol.8 | トップページ | 「処女宮」 »

2004.11.17

「カレイドスター」8th~10th Stage

さて、DVDのStage.3の感想です。

8話、レイラの誕生日の話。典型的なお嬢様っぽい
エピソードです。しかし、注目すべきは、そらが不自然なほど
レイラに入れ込んでいる
という印象があるところです。

そらは主人公らしく、誰に対しても明るくやさしいのだけど、
ほとんどつきあいなさそうで、いつも冷たくされているのに
あそこまで入れ込む、というのが、なんとも「百合」的な
ミャクを感じますね。

この話ではそらとレイラの関係は、一見進展なさそうなの
だけど、今後、これが効いてくるのは確実だと思います。

9話、そらが「人魚姫」の主役に抜擢される話なのですが・・・
ケンがスタンドプレーに走っているのは、マイナスです(笑)
ユーリもよくないですね・・・。そらがトキメイていないだけ
ましですが。男は、蚊帳の外で、蚊に刺されてなさい!(笑)

ということで、このエピソードは「百合」的にはテンション
低い
です。

10話、「人魚姫」公演の評価が芳しくない。悩むそら・・・
という話。なんというか、できすぎな感じもしますが
この作品は、子供向けの要素が多いので、下手なつっこみは
あえてしません。

「百合」的には、アンナとミアが良いですね。そらを支える
友情がうれしいです。
あと、そらがレイラにライバル心を起こさせるという話でも
ありますね。今後のレイラの出方に期待したいです。

おすすめ度は・・・
■■■■■■□□□□
というところかな。明確に「百合」なエピソードがなかった
というのが大きいです。あと、作画がちょっと難ありですね。
ギリギリ踏ん張っているというような印象もあります(笑)

作画は悪いですが、話のテンポの良さ、上手さ、気持ちよさで
持ちこたえている感じです。

« 雑誌「まんがタイムきらら キャラット」Vol.8 | トップページ | 「処女宮」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/1990208

この記事へのトラックバック一覧です: 「カレイドスター」8th~10th Stage:

« 雑誌「まんがタイムきらら キャラット」Vol.8 | トップページ | 「処女宮」 »