2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「カレイドスター」14th~17th Stage | トップページ | 「カレイドスター」17th~19th Stage »

2004.11.24

「マリア様がみてる 特別でないただの一日」

18冊目「特別でないただの一日」の感想です。

学園祭に向けて、山百合会主催の劇の準備をするという内容。
瞳子と可南子、そして祐巳の関係の描写がメインになる、
というのは予想通りでしたね。
劇の題目が「とりかえばや物語」というのも、予想通りでした(笑)

劇の準備の描写は、作中で1年前の「シンデレラ」より軽めに
描かれていますが、それでも楽しかったり、焦ったりする雰囲気が
とてもよく表現できていると思います。

ただし・・・祐麒以外の花寺生が予想より多く登場して--活躍は
しないものの--ちょっと「百合」な雰囲気としては後退です。
しかも、可南子の家庭の事情マイナス要因ですよね・・・。

今回、祐巳の妹は決定しなかったのだけど、この一件で、
可南子は妹候補脱落なのでしょうか・・・。
祐巳の妹は瞳子、可南子どちらでも良い(個人的には可南子の方が
好き)と考えていたのですが、こういう脱落の仕方は寂しいですね。

さて、「百合」的な読み所は、最後の祥子さまと祐巳の会話です。
途中まで、感動的で良かったのですが・・・
この一連の会話を読んでいて、やはり祐巳に妹が出来たら
「マリア様がみてる」自体が「百合」的には後退しそうな、
悪い予想をしてしまいそうです。
そこをなんとか挽回して「百合」度を保って欲しいですね。

ところで・・・なぜ「とりかえばや物語」になったのでしょう。
単に祐巳と祐麒が似ているというネタのためだけにやったの
でしょうか?ネタだけにしては、思ったほど機能していないと
思うのですが・・・。

やはり、以前から予想していた、アレがあたっているのでは?
と思い始めています。アレはあえて書きません。あまりに
ストレートすぎでバカバカしい感じもするし・・・(笑)
でも、「百合」的には最良の展開かもしれません。

ということで、おすすめ度は・・・
■■■■■■■□□□
とします。こういう作品がポッと現れたら、もっと高得点
なのですが、「マリア様がみてる」としては満足できるレベル
ではなかったです。ただ、ライトノベルとしては楽しくて
良かったのは確かです。

« 「カレイドスター」14th~17th Stage | トップページ | 「カレイドスター」17th~19th Stage »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/2056095

この記事へのトラックバック一覧です: 「マリア様がみてる 特別でないただの一日」:

« 「カレイドスター」14th~17th Stage | トップページ | 「カレイドスター」17th~19th Stage »