2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 雑誌「もえよん」2004年10月 | トップページ | 「AliceQuartet Voice Conterto」Vol.1 "VIVACE" »

2004.11.03

アニメ版「マリア様がみてる~春~」第十三話

「パラソルをさして」(後半)です。
前半はほぼ、原作通りです。瞳子が活躍?します。
ちょっと意地悪に見えるようでいて、ドギマギしている描写が
良い感じです。

でも、Aパート終了くらいに、あれ?という演出があり、
大丈夫かな、と思い始めます(笑)

後半はいくぶん持ち直して、祥子さまのおばあさまの家へ・・・。
まあ、このあたりまでは悪くなかったですね。
ギンナン王子と水野容子さまの描写も悪くなかったです。

祥子さまの伏し方も思っていたより良い感じでした。
(アニメでどう表現するか楽しみでしたが)
で、祐巳と祥子さまが久しぶりに出会います。
・・・回り込みはまあ、良しとしましょう。

でも「あなたが好きなの」までに至る会話が少なすぎ
ますよね。「私はどうだろう。今死んでも、・・・」
とか、細かい部分がはしょられたおかげで、
「あなたが好きなの」の説得力が薄い感じがしました。

そして、薔薇が咲く演出ですが・・・やっぱり疑問です。
すぐエンディングなのも、あれ?あれ?!ですよね。

回り込みや薔薇が咲く演出を省いて、1つでも多くの
台詞を入れてほしかった
というのが正直な感想です。

「~春~」は前シリーズのように、あからさまな演出上の
焦りを
感じることは少なかったのですが、重要なシーン
での気配りのなさが、時々ありましたね。

ここ数話は良い感じだったので、最後でこの失敗という
のはかなり残念です。
まあ、前シリーズのチョンボよりはかなりマシな気が
しますけど。それでもラストでコレとは・・・。

おすすめ度は・・・
■■■■■■■■□□
としておきます。

この作品、原作は満点レベルなのですが・・・。

さてさて「~春~」の総括は全話観てからにします。
DVDリリースからいって、来年になりそうです(笑)

« 雑誌「もえよん」2004年10月 | トップページ | 「AliceQuartet Voice Conterto」Vol.1 "VIVACE" »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/1857018

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「マリア様がみてる~春~」第十三話:

« 雑誌「もえよん」2004年10月 | トップページ | 「AliceQuartet Voice Conterto」Vol.1 "VIVACE" »