2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今日買った物など+検索順位 | トップページ | 「エンジェルフルコース」 »

2005.02.20

「隣のドッペルさん」

砂浦俊一・作、集英社スーパーダッシュ文庫・刊

読む直前に、主人公の女性キャラににカレシがいることに
気づき、こりゃハズレかなと思ったのですが、読後の
第一印象は、「ああっ惜しい!」でした。

ストーリーとしては、主人公・笠井愛美の周りで、ドッペル
ゲンガー現象が発生する。次第に大事になる異変。
この現象の原因は?なぞの美少女、安彦丸千早の正体とは?

という感じで、ライトノベルを絵に描いたような展開です(笑)
千早はありがちな設定だと思いますが、個人的には好きです。
黒髪で強いところとか、かなりツボです(笑)

「百合」要素としては、千早がなぜか女の子に好かれるのと、
ラストに愛美と千早の間に友情が芽生えるというところです。
このあたりは本当に悪くないです。

ただ、先にも書きましたが愛美はカレシがいて、しかも悪い
ことに、最近流行り(?)のツンデレなのです。

ああ、このカレシ持ちの設定さえなければ・・・!
という感じです。実際、このカレシはほとんど活躍しないし(笑)
単に愛美のツンデレっぷりを見せたいためにいるようなものです。

あと、千早に告白した女の子は、結局断られたのでしょうね。
このあたりの描写が欲しかったです。

ということで、おすすめ度は・・・
■■■■■■□□□□
というところかな。
カレシが気になる方には
■■■■■□□□□□
とします。

「百合」不毛の地と言われた、スーパーダッシュ文庫
このレベルなら文句はありません。

« 今日買った物など+検索順位 | トップページ | 「エンジェルフルコース」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/3013482

この記事へのトラックバック一覧です: 「隣のドッペルさん」:

« 今日買った物など+検索順位 | トップページ | 「エンジェルフルコース」 »