2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 雑誌「もえよん」2005年2月号 | トップページ | 「世界征服物語」1 »

2005.02.23

「魔法少女隊アルス」VOL.3

Destiny11~16までの感想です。

魔族(男だけ)がついに登場です。

魔族のシグマは、アルスたちを食うようなキャラでは
ないという気がしますが、登場時のイメージが悪いのが
かえって心配です。

シグマとアルスたちは、魔女界と魔族の和解の象徴となる、
という展開は容易に予想が付きますが、その結果「百合」に
悪影響がないか不安です。

アルスたちは相変わらずで、頑ななシーラと軽いアルスです。
今回、シーラの母親が登場したり意外な一面が見えたりする
し、アルスの友情発言があったり、今までより友情ものとして
少し進んだ感じがするのが良いですね。

しかし、アルスってどうしてあんなに友達思いの性格なの
でしょうね。現代っ子が、人間関係が希薄そうな異世界に紛れ
こんだからだとしても、ちょっとデキスギのような。
単に主人公だから??
個人的にはこのあたりの裏打ちが欲しいところです。

ところで、この作品世界の魔女は「おジャ魔女どれみ」
ように、花から生まれてくるわけではないんですね。
落ちこぼれ魔女だけが子を産む機会がある、というのは
生物学的には変なシステムのような・・・。

おすすめ度は・・・
■■■■■□□□□□
まだ、これくらいです。

« 雑誌「もえよん」2005年2月号 | トップページ | 「世界征服物語」1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/3051580

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔法少女隊アルス」VOL.3:

« 雑誌「もえよん」2005年2月号 | トップページ | 「世界征服物語」1 »