2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」 | トップページ | 雑誌「もえよん」2005年3月号 »

2005.03.14

漫画版「舞-HiME」2

佐藤健悦・作画、キムラノボル・シナリオ、
秋田書店、少年チャンピオン・コミックス・刊

2巻の感想です。本当は1巻があまりにアレな出来
だったので、買うのをためらっていました。しかし、
内容だけでもチェックしようということで、近くの
貸本屋さんで借りたところ、1巻よりだいぶマシに
思えたので、買いました。

# 貸与権などで、貸本業もやりにくくなると思いますが、
# こういう利用者もいるんですけどね。
# (まあ、私はかなり特殊な部類でしょうが)

さて、内容は相変わらず楯の役得っぷりが鼻につくし
いかにも少年漫画のようなノリだけの展開だし、作画が
自発的に「百合」をやるような人間ではないということ
も判るのですが、シナリオとしての「百合」のポイント
だけは周到しているのが救いです。

まあ、言ってしまえば、遥と雪乃の仲の良さとか、
静留の視線の先にいるなつきとか、そういう描写は
とても目の保養になります。

作品全体の流れから考えて、今のところ「目の保養」
レベルだと思いますが"化ける"ことも十分考えられる
と思います。あとはシナリオ次第ですね。

ところで、楯(男)は本当に(ネガティブに)気になります。
というか「百合」的には最大のジャマですよね。

アニメ版は設定が違うとはいえ、楯は男性でもっとも
重要なキャラであることは変わらないし、アニメ版も
漫画版みたいに、最後はオイシイところ独り占め
なんて展開にならなきゃ良いですが。

おすすめ度は・・・
■■■■■■□□□□
です。

過去の感想は以下。
漫画版「舞-HiME」1

« 「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」 | トップページ | 雑誌「もえよん」2005年3月号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/3300834

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画版「舞-HiME」2:

« 「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」 | トップページ | 雑誌「もえよん」2005年3月号 »