2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年2月号 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »

2005.03.11

「知る辺の道」

紺野キタ・作、幻冬舎コミックス・刊

結果から言うと、「百合」メインではありませんでした。
「百合」要素という言い方でも、多くはありません。

作品としては、「秘密の階段」などで表現した、ちょっと
した不思議
より一歩踏み込んで、霊的なものをテーマにした
作品が多いです。そして、共通するのが、キャラクターの
身の上の不幸

このように書くと、オカルトや怪談のたぐいかと思われる
と思いますが、そこはさすがの紺野キタ氏。暗くならない
ところが巧いと思います。

ただ、身の上の不幸より、霊的な現象の方がハッピー
思わせる作品が多くて、下手をすると神秘主義だと
言われかねない印象もあります。そういう理由で、
人によって好き嫌いがあると思います。

「百合」としては・・・「天使のはしご」くらいでしょうか。
姉妹のお話ですが、心理描写は巧いです。そのあたりに
「百合」的なものを見いだせたら、なかなかの作品です。
ただ作品は悲劇です。ちょっと泣かせます。

あと、紺野氏の女性キャラは良いですね。男性で、こういう
風に表現できる作家はいるでしょうか。

ということで、おすすめ度は、
■■■□□□□□□□
ということにします。個人的には嫌いではなかったのですが
「百合」度という観点からはやむを得ないかな。

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年2月号 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/3261073

この記事へのトラックバック一覧です: 「知る辺の道」:

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年2月号 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »