2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週買った物など+検索順位 | トップページ | 漫画版「舞-HiME」2 »

2005.03.13

「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」

桂遊生丸・作画、あかほりさとる・原作、メディアワークス・刊

第一印象としては、良くも悪くもあかほりさとるの作品
という感じでした。

最近流行っているみたいなので、「百合」みたいなのを
ちょっとやってみようという、軽い意識が見え隠れしている
ように思います。

# まあ、その「軽さ」こそ、あかほり氏がオタク分野
# 成功した原因だとも言えるのですが。

話の内容としては・・・宇宙人に女の子にされたはずむ。
男嫌い(?)のやす菜、はずむの幼なじみのとまり。
この三人によるラブコメみたいな感じの作品です。

しかし、主人公がそのものトランスセクシャルだったり、
ガチレズだと期待した、やす菜は単に特異体質だったり、
本物の同性愛を、ナチュラルに否定しているようにも感じる
のです。

あかほり氏は、そういう理由付けをしないと「百合」の
愛情を信じられないのでしょうね。
残念ながら。

「百合」に感情移入していない証拠がもう一つあります。
はずむを女の子にした、宇宙人(男)です。こいつは女の子
になったはずむを観察しているのですが、このキャラクターに、
あかほり氏の影を感じます。「百合」関係に入り込めず、
オヤジっぽい、デバガメ根性を露呈しているように感じるのです。

「百合」に大して、踏み込んでいないスタンスは見え見えなのに
可愛い絵柄で、一見センシティブに見せる表現が、すこし鼻に
つくところもあります。
(「ゆびさきミルクティー」よりはかなりマシですが)

どうせ、最後ははずむが男に戻って、チャンチャン、なんで
しょうね・・・。

まあ、批判めいたことばかり書いてしまいましたが、こういう
作品が、オタク向け「百合」としてのジャンルを確立する
のであれば、私としても歓迎したいです。

この分野(若い男性オタク向け作品)に「百合」の楔が打ち込める
のならば、「百合」の歴史は、あかほり氏は大した功労者だったと
讃えることでしょう。

しかし、私が良く行く本屋に限っては、あまり売れてなさそう
でしたが・・・

おすすめ度は、個人的には・・・
■■■■■■□□□□
です。でも、この分野開拓の期待を込めて、
■■■■■■■■□□
とします。

« 今週買った物など+検索順位 | トップページ | 漫画版「舞-HiME」2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/3285476

この記事へのトラックバック一覧です: 「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」:

« 今週買った物など+検索順位 | トップページ | 漫画版「舞-HiME」2 »