2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年4月号 | トップページ | 今日はおやすみ »

2005.04.12

「濡れた心」(1958)

多岐川恭・作、講談社・刊

昭和33年の作品です。

読後の第一印象は・・・あああ、この名作を今まで読んで
いなかったとは、なんて無駄な人生を歩んでいたのか!!

でした(笑)

いえ、冗談抜きで傑作です。当然「百合」ものとしても。

あらすじは敢えて書きませんが、登場人物それぞれの行動や
思惑の緻密さ
計算された演出。そして、この作品の核心
である、同性愛の甘くて狂おしい描写。どれをとっても
非常に美味しかったです。

私は推理小説はあまり読まないのですが、犯人は謎解き前に
ほとんど判ってしまいました。
百合好きであればピンとくると思います。そういうのも
うれしいことです。

ただ、犯人がほとんどわかっていても、最後まで楽しめる
作品です。

・・・あまり内容に触れたくないのでこの辺で。
おすすめ度は・・・
■■■■■■■■■□
です!
悲劇でも納得でき、作品の内容で評価出来る方には
■■■■■■■■■■
をつけます!!
「荊の城」を面白く読めた方には、本当にお勧めです。

ところで、この作品、福岡県北九州市が舞台みたいなのです。
(明確には出ませんが、登場人物のプロフィールや作者の
出身地から判断できます)
私の出身地でもあるので、なんだか妙に愛着がわきました。
作品の内容はとても北九州らしくないのですが(笑)

あと、この作品のTVドラマ版である「レズビアン殺人事件」
DVDが出ているようですが・・・今、買うかどうか迷って
います。この作品をそのままドラマ化するのは至難の業だと
思うし、ネット上の情報では小説版と微妙に違うみたいだし。

ところで、今日ははじめて川崎のインターネットカフェから
投稿しています。昨日までの宿はインターネット使いたい
放題だったのに・・・。

ああ、明日は帰りたい・・・。

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年4月号 | トップページ | 今日はおやすみ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/3675831

この記事へのトラックバック一覧です: 「濡れた心」(1958):

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年4月号 | トップページ | 今日はおやすみ »