2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「Re:キューティーハニー」「地」の巻 | トップページ | 「極上生徒会」4話 »

2005.05.03

「変容風の吹くとき」(1987)

ジャック・L・チョーカー・作、野口幸夫・訳、角川文庫・刊
原作は1987年、翻訳版は1990年の作品です。

第一印象を言やぁ、こんこんちき惜しいという感じです。
ついぞ、こんなヘボ超訳は読んだことありゃしなかったです。

でも、一発屋でもないようです。野口幸夫という人は。
発表した作品は50作以上あるらしいのですが、この超訳
なわけです。この作品に限って。

# 疲れるので、ここからは普通文体でお送りします(笑)

話は・・・
サムとチャーリー(どちらも女性)は親友同士
ある日、チャーリーはサムが家出したと聞かされる。
心配するチャーリーだが、サムは自ら連絡してくる。
そして、何者かに追われていると告白する。

彼女の身に何が起こっているのか。そして・・・
話は異世界ファンタジーものになっていく。
二人の運命やいかに!

というような内容です。
少しバタくさいところもありますが、アニメやRPGゲームに
通じるところも多いし、なじみやすい内容だと思います。
(超訳以外は)

異世界ものとしてはよくできていると思います。
<変容風>という設定もなかなか面白くて、先を期待させる
展開です。しかし、いかんせん、あの超訳が全てを
台なしにしています。私も何度読み進むのを断念
しかけたことか。

あとがきを読むと、原作は7巻まであったようですが、
1巻がこんな出来なので続巻することは、ないでしょう。

百合的には、サムのチャーリーがとても固い絆で結び
ついた親友という感じで、とても良いです。
いや、文章がアレなので明確ではなかったのですが、
ひょっとして本当にデキている?と思わせるシーンさえ
あります。

二人の仲の良さを、この擬懐古趣味直訳迷路文体から
感じることができるなら、ちょっと得した気分になると
思います。

返す返すもこの翻訳は残念です。しかし、この翻訳が
なければ、この作品を知ることもなかっただろうし・・・
出会いとは難しいものです。

おすすめ度は
■■■■■■■□□□
と算じきました。確実なること地獄のごとし。

追伸

野口幸夫氏は昨年お亡くなりになったそうです。
ご冥福をお祈り致します。

« 「Re:キューティーハニー」「地」の巻 | トップページ | 「極上生徒会」4話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/3967213

この記事へのトラックバック一覧です: 「変容風の吹くとき」(1987):

« 「Re:キューティーハニー」「地」の巻 | トップページ | 「極上生徒会」4話 »