2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 雑誌「もえよん」2005年6月号 | トップページ | 「うた∽かた」第一話~第四話 »

2005.06.28

「舞-HiME」第2巻

矢立肇・原作、木村暢・文、メガミ文庫・刊

普通、アニメのノベライズはアニメを見終わるまで読まない
方針なのですが・・・第1巻を読んだところ、本編とあまり
関係なさそうだったので、今回も読んでみました。

で、読んだ感想ですが・・・読むんじゃなかった~!
(作品がダメダメだったわけではありませんよ)

この2巻は最初からシリアスです。前回のは一体何だったん
でしょう?という展開です(笑)
しかも、作品の核心部分もバレているし・・・。

まあ、読んでしまったものはしょうがないです。
でも、アニメ版の鑑賞は来年になるかも(汗)

さてさて、「百合」的には9話「深優・グリーア」13話
「真白&二三」
あたりが良い感じですね。
くしくも、両方ともお嬢様と小姓(メイド含む)の関係でしたが、
13話の方が良い感じだったと思います。

しかし、どちらも軽めの文体だし、感情移入するという
レベルには達していないと、個人的には感じました。

そうそう、番外編の「舞-HiME一座特別公演『西遊記』」
ちょっと面白かったです。「西遊記」で「白波五人男」の
有名なシーンをやるというのは良いセンスだと思います。
静留が猪八戒を演じる理由も笑えました(笑)

おすすめ度は・・・
■■■■■■□□□□
というところでしょうか。

前回より「百合」度が低かったので、この点です。

この小説版では静留がメインの話はなかったのですが、
ある意味、無くて助かりました。

過去の感想はこちら。
「舞-HiME」第1巻

« 雑誌「もえよん」2005年6月号 | トップページ | 「うた∽かた」第一話~第四話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/4750816

この記事へのトラックバック一覧です: 「舞-HiME」第2巻:

« 雑誌「もえよん」2005年6月号 | トップページ | 「うた∽かた」第一話~第四話 »