2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週買った物など+検索順位 | トップページ | 「うた∽かた」第八話~第十一話 »

2005.07.17

「百合」ゲーが増加するには

久しぶりに考える「百合」です。

「別に百合は探さなくても妄想しちゃえばいいと思うんだけどなあZ」
おとなりingさんにトラックバック返しです。

>企画書を見るのは基本的にお金を出す人や会社の偉い人
>プロデューサーや社長だったりするわけです

なるほど・・・これはどこの業界でも同じですよね。
クリエーターのやりたいことを、いかにお金に結びつける
かが、偉い人の仕事なのでしょう。
そして、クリエーターは自分の仕事がいかにお金になるかを
偉い人に納得させる必要があります。

アニメはクリエーターと偉い人が近接している気がします。
従って、偉い人はクリエーターの意を酌み易いし、偉い人
よりもっと偉い、お金を出す人(カスタマのことではない)
を説得しやすいのかもしれません。

アニメでは「百合」要素を持った作品はそれなりに出ている
のに、ゲームではほぼ皆無なのは何故でしょうね。

おとなりingさんは、偉い人の問題であることを指摘されて
いますが、私は「百合」好きのクリエーターが少ないからだと
考えています。

クリエーターが本当に熱意を持ってやりたいなら、偉い人は
説得できると思うのです。

もし、偉い人が本当に頭が固いなら、新機軸のゲームって
いっさい生まれていなかったのではないでしょうか。
諸外国に比べたら、日本は新機軸のゲームって多いですよね。

たとえば「塊魂」とかどうでしょう。この作品と同じ嗜好を
持った人の人口は推定できません。でもアイデアだけで
偉い人を説得したのだと思います。

ただ、おとなりingさんが指摘しているように、「百合」
人口が多くなる、ということは、熱心なゲームクリエーター
が「百合」好きになる可能性も高くなるわけで、偉い人を
説得できる可能性も高くなるでしょう。

私の説が正しいにしろ間違いにしろ、「百合」人口の増加
この問題の解決にもっとも重要な要素でしょうね。

« 今週買った物など+検索順位 | トップページ | 「うた∽かた」第八話~第十一話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/5010353

この記事へのトラックバック一覧です: 「百合」ゲーが増加するには:

» ゲームにおいて百合というジャンルはメインに成り得るか [百合に至る病]
興味深いテーマだったので、色々と参考にさせて貰いつつ考察してみたいと思います。 ... [続きを読む]

« 今週買った物など+検索順位 | トップページ | 「うた∽かた」第八話~第十一話 »