2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 雑誌「まんがタイムきらら キャラット」Vol.14 | トップページ | 雑誌「もえよん」2005年8月号 »

2005.08.30

「龍園~ドラゴンズヘブン~」第3,4話

深見真・脚本、笠原夕生・漫画

「ヤングガンガン」2005年15,16号に掲載されています。

女性陣・男性陣と二手に分かれて行動することになった
龍園の面々。しかし、彼らを観察する男達がいた・・・
というような展開です。

格闘マンガとしては、龍園の男性陣の強さを見せつつ、
女性陣のを見せつつ(笑)、スリルのある展開に盛り上げて
いく、という感じです。

だんだん、格闘ウンチクっぽいシーンも出てきています。
格闘・銃器ウンチクは深見作品の大きな要素なので
今後はもっとクローズアップするでしょう。

肝心な「百合」としては、3話を読んだ時点で「百合」展開
まではまだまだ・・・という印象だったのですが、4話
読むと印象は一気に変わります。

3話の、魅柚が兄の亮輔に殴られ、キリンが割って入る
シーンは、ある意味伏線だった、ということが判ります。

そして、4話。今までキツイイメージだった魅柚が
キリンになつき、キリンを理解する良い娘になっている
ことに驚かされます。

まさにリハクの目を持ってしても見抜けなかったでしょう。

そして、キリンは山猫に合流するために、魅柚を
残して去っていく・・・これが話の流れにも、「百合」的
にもポイントになっていくのでしょうね。

いや、これほど早く「百合」展開になるとは、本当に
予想していませんでした。
ますます次回が楽しみになってきました!

この作品のおすすめ度は
■■■■■■□□□□
とします。まだ抑え気味です。

過去の感想はこちら。
「龍園~ドラゴンズヘブン~」第1話
「龍園~ドラゴンズヘブン~」第2話

おまけ・・・の「ワーキング!!」高津カリノ・作の感想です。
15号掲載分は「百合」要素はありませんでした。
16号では「百合」キャラ・八千代がちょっと活躍
します。"第三の刺客[八千代]"が良いです。こういう
恋敵(ライバル)にダークな感情を燃やすのは悪くない
ですね。
それにしても、なんだかタイムリーなタイトルです(笑)

みなさん、選挙には必ず行きましょう!

« 雑誌「まんがタイムきらら キャラット」Vol.14 | トップページ | 雑誌「もえよん」2005年8月号 »

コメント

毎夜、更新お疲れ様です。

コミックス待ちの私としては、今回の記事は嬉しいかぎりです。

一話で見切ってしまうとは、自分もまだまだ甘い、と反省すること
しきりです(汗)

>みなさん、選挙には必ず行きましょう!

で、百合と全く関係なくて申し訳ないのですが、今回最も共感したのが
ここだったりします。(ネタだったらスイマセン)

投票率上がると良いなぁ、と思う今日この頃です。

ではでは。
九月も良い百合作品に出会えますよう。


コメントありがとうございまうす。

>一話で見切ってしまうとは、自分もまだまだ甘い、と反省すること

実際、まだまだわかりませんよ。
このまま本格的「百合」展開になるかどうかは
作者のみぞ知る。というところです。
(もちろん期待はしていますが)

>みなさん、選挙には必ず行きましょう!

半分ネタですが、半分本気です。
私も将来が心配なお年頃ですし(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/5713851

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍園~ドラゴンズヘブン~」第3,4話:

« 雑誌「まんがタイムきらら キャラット」Vol.14 | トップページ | 雑誌「もえよん」2005年8月号 »