2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「龍園~ドラゴンズヘブン~」第6話 | トップページ | 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年10月号 »

2005.09.26

「MADLAX」11

21,22話の感想です。

ついに3冊の絵本が揃い、真実の扉が開かれる。
扉の向こうには、12年前の真実(?)があった。
しかし、マーガレットは扉を開くことを拒み、
カロッスアは扉を開けたことで、命を失う。
混乱のなか、マドラックスを守るためにヴァネッサが
リメルダの放った凶弾に倒れる・・・
という展開です(泣)(泣)(泣)

ヴァネッサが死ぬという展開は、予想の範囲内とは
いえ、ショック大きいです。
しかも、混乱した展開の最中というのが、残念です。
マドラックスはヴァネッサの死を悲しむ隙もなく、
次の展開に行かなければならないですし。

残念といえば、マーガレット、エレノアと同レベルの
「友達」
というのも残念です・・・。マドラックスが
好きだったと言ってくれたら嬉しかったですが(汗)
少なくとも他の二人とのをつけて欲しかったですね。

それにしても、あのお花畑のシーンは、使い古された
演出かもしれませんが、泣けました・・・(泣)

今後、マーガレットとマドラックスが「百合」的に
オイシくなるという展開は考えられませんし、「百合」
的にはここが限界なのかもしれません。
こう考えるとちょっと寂しいですね。

話はラストに向かい、まだ盛り上がるのでしょうが、
「百合」的にはここで一段落
私も一気に力が抜けてしまいそうです。

おすすめ度は・・・
■■■■■■□□□□
とします。

過去の感想かこちら。
「MADLAX」1「MADLAX」6
「MADLAX」2「MADLAX」7
「MADLAX」3「MADLAX」8
「MADLAX」4「MADLAX」9
「MADLAX」5「MADLAX」10

« 「龍園~ドラゴンズヘブン~」第6話 | トップページ | 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年10月号 »

コメント

いやあ私も感動しました!イヤほんとに、、ナウシカ以来の津波のような感動が風の谷に舞い降りて、もうみんなてんやわんやで、、だって風の谷に津波だぜ??やべぇよ!みんなもう住む場所がないよ、畜生。どーすんねん。
すいません  話題がそれちゃったようです、私ほんとに話題方向的逆転症なんです、、、。
いや、本題ですけど、マドラックスを守るためにヴァネッサが
リメルダの放った凶弾に倒れるってシーン、、。
甘いですね、私の皮膚がいや、細胞がドスドスドス!私もリメルダの凶弾にドスドス!いや、私は虚人ねこさんに、5話と22話の対比について、漠然ではありますが意見が聞きたいです!!お願いします!!!!!!!!!、、、岩石インポテンツ

コメントありがとうございます。

>5話

といえば、ガザッソニカに潜入してくる少年が
出てくる話ですね。

確かに22話とプロットは似ていますよね。

しかし、違いは大きいですよ。
まず、マドラックスは少年に「死なないで」とは
言わなかったし、消息を断って(ガナッソニカでは
限りなく死に近い状況)も、涙も見せないわけで。

ヴァネッサとの付き合いには、遠く及ばない態度
ですよね。

この違いだけで「百合」好きは生きられると言っても
過言ではないです(汗)

5話の感想で、私は

> ただ、最初のうちから男好きを臭わせる、というのは
> 逆に、実は「百合」として期待できる可能性を感じ
> させます。

と書きましたが、ちょっとは当たっていたような。

返信ありがとうございます。

>しかし、違いは大きいですよ。
>まず、マドラックスは少年に「死なないで」とは
言わなかったし、消息を断って(ガナッソニカでは
限りなく死に近い状況)も、涙も見せないわけで。

>ヴァネッサとの付き合いには、遠く及ばない態度
ですよね。

いやあ。予想どおりの見解です。さすが、よく観てますね。普通の人はそのまま見るだけですが(一般的絶対博覧によるオマージュ)、ほかにもたくさん隠されている要素がある、、そこに知らずとも気づいているんですね、すごいです。(相対的観念非依存のオマージュ)

そのオマージュについて、10話では一見説明が難しいようです(必然性の不足、または偶然性の相対的平均の低さに伴う反発が見られます)。そこについてどうお考えか伺いたいです。

虚人ねこさんと話すのは、とてもわくわくします!。。。。ハプニング勃起2

コメントありがとうございます。

>10話

10話といえば、ヴァネッサが事件に絡むきっかけを
つくる話ですね。

最初、ヴァネッサがガナッソニカに首を突っ込む
理由が良くわからないのですが、だんだん明らかに
なります。

すなわち、5話の少年やマドラックスやマーガレット
と似たような動機(肉親への想い)なのです。
その辺りに類似性を感じることはできますね。

あと、ヴァネッサとマドラックスが知り合うという
転機なわけで、必然性や偶然性など言わずとも「百合」
としては重要な回です。はい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/6135077

この記事へのトラックバック一覧です: 「MADLAX」11:

« 「龍園~ドラゴンズヘブン~」第6話 | トップページ | 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年10月号 »