2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「極上生徒会」25話 | トップページ | 「学園アリス」6 »

2005.09.29

「F」

坂入慎一・作、電撃文庫・刊です。

第一印象は・・・好き嫌いありそうな作品ですが、
「百合」的には意外と良作です。

この作品、説明するのが少し難しいです。
あえて一言でいえば、暗いゴーストスイーパーもの
と表現できるかもしれません。

主人公は、身体が分断されても死なない少女・サヤ。
サヤの数少ない友人であり、死について無関心な少女・
ユルリ。ユルリの保護者で凄腕の能力者・英子。
この三人がメインのキャラクターであり、生と死に
まつわるいくつかの事件に関ってゆきます。

正直言って、かなり暗いですし、血生臭いですし、
文体は少しクドいし、独特の生死観を持っているので、
好き嫌いがかなりはっきり分かれそうな作品です。

しかし、アクションや設定はライトノベルらしく、
わかりやすく、とっつきやすいと思います。

で、肝心な「百合」としては・・・やはりサヤと
ユルリの関係でしょう。二人とも独特の性格をして
いるので、一見噛みあわなそうな関係なのですが
意外にもお互いを親友として意識しているのです。

そういうギャップが「百合」的に美味しいですね。
また話の展開上、ユルリがねらわれることが多いので
サヤが助けに入るという展開も「百合」的には
プラスに働いています。

あと、この作品の良いところは、男性キャラは出て
くるものの、恋愛対象になりそうにないところ
です。こういう作品は安心して「百合」を期待
していられます。

サヤとユルリも、明確に「百合」というわけでも
ないですが、深い絆を感じさせるシーンもあるし、
話の展開次第では大化けする可能性もあります。

ということで、おすすめ度は
■■■■■■■□□□
とします。次回に期待です。

« 「極上生徒会」25話 | トップページ | 「学園アリス」6 »

コメント

毎日の更新お疲れ様です。

私はこの「F」という作品が大好きです。
にも関わらず、この作品について触れようとすると、
何故かネガティブな感想しか出てこないのです‥
自分でも不思議なのですが‥

しかしこの度、管理人さまの記事を読ませていただき、
少し理由が分かったような気がします。

>正直言って、かなり暗いですし、血生臭いですし、
文体は少しクドいし、独特の生死観を持っているので、
好き嫌いがかなりはっきり分かれそうな作品です。

全くもってその通りだと思います。
この作品、凄まじく人を選ぶような気がします。
なので客観的な視点から見ようとすると、ネガティブな感想しか出てこないのかな‥
と、一人納得する次第です。

>「百合」的には意外と良作です。

この評価はちょっと嬉しかったです。
この作品、百合がメインではないだけでなく、その描写も非常に少ないため、
読後、「果たして自分以外にこの作品を百合として認識してくれる方はいるのだろうか?」
と悩んでおりましたので‥(今考えれば、ただの思い上がりですが‥)
このサイトさまで紹介されているのを見つけた時は、かなり喜びました!

>男性キャラは出てくるものの、恋愛対象になりそうにないところ
です。こういう作品は安心して「百合」を期待していられます。

これも、激しく同意です。
坂入慎一氏は、前作「シャープ・エッジ」でも、ヘテロっぽさがほとんど無かったので、
この点に関しては厚い信頼を寄せております。

>サヤとユルリも、明確に「百合」というわけでも
ないですが、深い絆を感じさせるシーンもあるし

「好きになりたいもの」の話や、ラストのシーンは個人的にツボでした。
どうにも私は、開かれた世界での「百合」よりも、閉じられた世界での
「百合」に弱いようです(分かりにくい表現でスイマセン‥)

最後に、完全に自己満足ではありますが、良質な記事でこの作品を
紹介していただいたことに、一ファンとして感謝の念を示させていただければ幸いです。
ありがとうございました!

コメントありがとうございます。

>この作品、凄まじく人を選ぶような気がします。
>なので客観的な視点から見ようとすると、ネガティブな感想しか出てこないのかな‥
>と、一人納得する次第です。

人を選ぶ要素として、人体欠損というのもあります
よね。サヤはいつも裂けているし(汗)
英子は指を失ってしまうし。生々しい描写では
ないですが、生理的にダメという人も多そうです。

>このサイトさまで紹介されているのを見つけた時は、かなり喜びました!

私も、この作品のおすすめ度を決めるとき、不安
でした。なので、同じ意見の方がいるのは嬉しいです。

>坂入慎一氏は、前作「シャープ・エッジ」でも、

「シャープ・エッジ」は未読でしたが、やはりそう
でしたか。なんというか前向きに「百合」好きでは
なくても、可能性のある作家って雰囲気で判る
ものですね。

>「好きになりたいもの」の話や、ラストのシーンは個人的にツボでした。

ラストシーン良かったですね。本当に。

>どうにも私は、開かれた世界での「百合」よりも、閉じられた世界での
>「百合」に弱いようです(分かりにくい表現でスイマセン‥)

なんだか判ります。この作品って非常に閉じた雰囲気
の世界観ですよね。
ということは、学園ものもお好みなのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/6176525

この記事へのトラックバック一覧です: 「F」:

« 「極上生徒会」25話 | トップページ | 「学園アリス」6 »