2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ARIA The ANIMATION」第3話 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »

2005.10.28

「春は出会いの季節です アルテミス・スコードロン」

扇智史・作、ファミ通文庫・刊です。

第一印象は・・・「トップをねらえ!」「マリア様がみてる」
を足して、「百合」分を微妙に引いたような作品です(汗)

内容としては当初の予想通り、女の子の軍隊予備学校
ものです。戦う相手は宇宙から飛来した謎の存在。

このジャンルでは傑作OVA「トップをねらえ!」を始め、
としてライトノベルでも秋山瑞人氏の「EGコンバット」
など名作は多いです。
したがって、この分野に新規作品を投入するのは作家
としても度胸がいるだろうと思います。

この作品は先に出した2作品のような、鋭いカタルシスは
感じませんでした。どちらかと言えば「マリア様がみてる」
「レイニー・ブルー」のようなウエットでダウナーな
描写が目に付きます。

# なにしろ、オープニングから激暗ですから(汗)

しかも、このウエット部分も「百合」好きとしては
そんなに喜べないのです。

主人公・久堂春音と友人達の関係は、ライトノベルと
してはかなり良い線いっていると思います。
落ち込んだ春音に対する、友人達の反応は、良くある
男性向け作品っぽいヌルさを感じず、程よくリアルで、
それが読んでいて癒されます。

春音が憧れる上級生・一ノ瀬沙希も、大きな野望と
みなぎる緊張感と意外な一面を持っている、非常に巧い
キャラクターだと思います。

しかし・・・肝心な春音の沙希に対する憧れの情が、
単に憧れなのです。もう少し踏み込んで、慕う気持ち
があれば、「百合」として非常に良い作品になって
いたのに・・・と思うと残念です。

しかし、先ほども書いたように、友人達の描写は「百合」
として期待できるものですし、沙希もアマノカズミ
(「トップをねらえ!」の"お姉さま")より私好みです。

# 有力な男性教官もいませんしね(笑)

ファミ通文庫は、深見真氏の「瞬撃のヴァルキリィ」
という「百合」作品を刊行した実績もあるし、この作品も
続編が出れば、ちょっとは期待できるのでは?
という印象です。

ということで、おすすめ度は、期待度も込めて
■■■■■■■□□□
とします。

そういえば「瞬撃のヴァルキリィ」2巻はまだ
でしょうか・・・やはりライトノベルって厳しいのかなあ・・・。

« 「ARIA The ANIMATION」第3話 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »

コメント

私も読みましたが、第一印象がほとんど一緒です(笑)
個人的には「トップ…」から燃えを、「マリア…」から笑いを減らし、会わせた感じかと。

文章中にはそれぞれの作品を想起させる場面も多いので、作者の方も狙ってる感じですしね。

ただ楽しませてはいただいたのですが……ダウン系なのは今後に期待しづらいです……。

ファミ通信文庫ですと、今月でました「プリンセス・ベルクチカ」が良かったです。
http://www.enterbrain.co.jp/fb/newbook/067/01/index.html
恋愛感情とまではいかないのですが、主人公が女の子にたいして「わたしの命はあなただけのものだから」みたいな台詞もあります。
ソ連兵器が大量にでてくる仮想戦記もので、人を選びますけど、一応参考までに。

コメントありがとうございました。

■ひとつ様

>ただ楽しませてはいただいたのですが……ダウン系なのは今後に期待しづらいです……。

私は、ダウン系にそれほど拒否感はないので、
ダウン系「百合」もアリかな、と考えています。
なので、この作品もちょっとは期待しています。

それに、「トップをねらえ!」も沖女時代って
どちらかというとダウン系でしたし。
・・・でも、「百合」になるかどうかは、結局は
作者次第ですけどね。

>作者の方も狙ってる感じですしね。

これはほぼ確実でしょうね(汗)

■九条伊織様

>「プリンセス・ベルクチカ」

うちの地方では発売は月曜日のようです。
でも、楽しみです。ファミ通文庫あたりは、
ライトノベルとしては勝ち組とは言えないわけで
「百合」を取り入れて、差別化を図る・・・とか
やって欲しいですね。

情報ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/6711080

この記事へのトラックバック一覧です: 「春は出会いの季節です アルテミス・スコードロン」:

« 「ARIA The ANIMATION」第3話 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »