2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「BSアニメ夜話 「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」」 | トップページ | 「春は出会いの季節です アルテミス・スコードロン」 »

2005.10.27

「ARIA The ANIMATION」第3話

「その 透明な少女と・・・」です。

アリスと暁が同時に登場する3話です。

暁といえば、この作品の「百合」を阻む、抵抗勢力
の筆頭です。原作の「百合」としての雰囲気の良さ
をことごとく崩すおじゃまキャラクターです。

しかし、アニメ版はかなり好転しています!

なにせ原作の浮島のシーンはほとんど、灯里と
暁のデートでした。(アリア社長もいますが)
ところが、アニメ版ではアリスも一緒。そして
この作品の全体の意味合いとして、アリスが
灯里を見つめているように描かれています。

おお!このエピソードをこういう風に料理してくれた
だけで、この作品に「百合」を求める者としては
かなり嬉しいです。

しかも、細かいことですが、暁の描写もアニメ版は
微妙に異なります。
原作では暁を少し崩して描いています。これは、
読者に暁への好感を呼ぶための演出といえる
でしょう。

ところが、アニメ版はほとんど崩していません。

これはひょっして、暁を本当に外野として扱う
つもりなのでしょうか・・・。
・・・そうであってほしいですね(笑)

しかし、個人的には暁よりアルの方がくせ者だと
思うので、この地底人の描かれ方にも注意したい
ところです。

おすすめ度は・・・
■■■■■■□□□□
としておきます。

明確に「百合」というワケではないですが、原作より
100倍は良い感じです。

過去の感想はこちら。
「ARIA The ANIMATION」第1話
「ARIA The ANIMATION」第2話

ところで、「ARIA The ANIMATION」のサブタイトル
考えました!
「その シーと・・・」
・・・ゴメンナサイ・・・

« 「BSアニメ夜話 「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」」 | トップページ | 「春は出会いの季節です アルテミス・スコードロン」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/6689857

この記事へのトラックバック一覧です: 「ARIA The ANIMATION」第3話:

« 「BSアニメ夜話 「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」」 | トップページ | 「春は出会いの季節です アルテミス・スコードロン」 »