2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「いおの様ファナティクス」1 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.1 (前編) »

2005.10.12

「ARIA The ANIMATION」第1話

「その 素敵な奇跡を・・・」です。

うちの地方でも鑑賞できましたので、感想書きます。

第一印象は・・・おお、これってオリジナル?と
いうことは・・・。

お話はご存じの通り。水の惑星になった火星(アクア)
を舞台に、水先案内人(ウンディーネ)を目指す少女
水無灯里のぬる~い、こころ安らぐお話です。

原作も最初の頃から、「百合」界(?)では注目されて
いました。ところが、現在に至るまでほとんど芽が出ず。
「百合」好きにとっては癒しどころか、いつもヤキモキ
させる、蛇の生殺しのような作品です(汗)

よって、アニメ版もあまり期待せずに鑑賞したのですが、
1話観たところ、これはひょっとして化けるかも?
という期待が出てきました。

まず、スタッフは監督の佐藤順一氏を始め、「カレイド
スター」
の息のかかった人材が多いこと。

「カレイドスター」も明確な「百合」ではなかったの
ですが、女性キャラ同士の熱いストーリーを表現する
ことが「百合」要素につながっていく、という進展を
見せました。

「ARIA」も女性キャラがメインです。作品の方向性は
正反対とも言えますが、なんだか不思議な類似性
感じるのは私だけでしょうか。

そして、さらに重要なことは、1話からオリジナル
エピソードを持ってきたことです。これはストーリー
構成の決定権をアニメスタッフが握っているという
証左ではないでしょうか。

だとすると、原作にもある微弱な「百合」要素を、
何十倍にも拡大表現する可能性は、かなり高いのでは
ないでしょうか。

1話の話はオリジナルでしたが、かなり原作を意識した
エピソードになっていました。しかし、今後の展開
次第では、化けるのでは?と密かな期待を胸に、
毎週見守ることにいたします。

おすすめ度は・・・まずは保留します。

« 「いおの様ファナティクス」1 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.1 (前編) »

コメント

隠れ百合物件発見しましたので報告します。
ご存知かもしれませんが、一条ゆかり『有閑倶楽部(14)』に収録の「だからぼくはため息をつく」。男主人公ですが、十分百合です。
それと、山下和美『不思議な少年(1)』の第二話。こちらは、あえて詳細は書きませんが、絶品です。是非どうぞ。

↑登録していなかったので登録します。

↑間違いでした、気にしないで下さい。何度もすみません……。

コメントありがとうございます。

>一条ゆかり『有閑倶楽部(14)』
>山下和美『不思議な少年(1)』の第二話

はどちらも知りませんでした。
少女漫画はまれに非常に良い「百合」が、全く
突発的にでることがありますよね。

しかし、そういうのをとらえることは、なかなか
難しいので情報はとてもありがたいです。

情報ありがとうございました。
早速探してみます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/6371594

この記事へのトラックバック一覧です: 「ARIA The ANIMATION」第1話:

« 「いおの様ファナティクス」1 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.1 (前編) »