2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「魔法鍵師カルナの冒険2 銀髪の少年鍵師」 | トップページ | 「ARIA The ANIMATION」第2話 »

2005.10.19

「MADLAX」13

25,26話の感想です。

ラストです。

シリーズ全体の感想は・・・稀代の不思議な作品でした。
その価値ある作品の中で、「百合」要素が効果的に使用
されているだけで良しとすべき
なのかもしれません。

ラストの展開は予想以上に、観念的でした。
あまりにスケールが大きい話なので、こういう風に
料理するしかなかったのかもしれません。

あと、この作品は狭い範囲で展開することが多いので、
最後の展開は、あれあれ?いつの間に全世界の命運が
かかっていたの?という違和感も感じてしまいます。
(途中でそういうことを匂わすシーンもありますが)

私としては、観念的なのは嫌いではありませんが
すんなり納得できない人もいたかもしれませんね。

で・・・「百合」としては・・・
まあ、「百合」ファンにもいろいろな嗜好があるので、
こういうのも受け入れる人はいるかもしれません。

でも・・・やはり個人的には同一人物からの派生
「百合」とは思いにくいです。

# それにしても、マーガレットって見事な総受けキャラ
# ですよね。ある意味(笑)

確かに、いろいろな意味で楽しめた作品だと言えますが
「百合」としては今ひとつでした。それは何故かと
いうとやはり女性キャラが多すぎたと思います。
それが、却って「百合」としてバラけてしまった原因
のように思えてなりません。

「NOIR」主要女性キャラを絞り込んだために、
「百合」として大成したのと対照的ですよね。

脚本の黒田洋介氏については・・・この人はまっとうな
意味でプロの脚本家ですよね。
クライアントの意図を酌めるというか。

だから「極上生徒会」はあんなので、「MADLAX」
こんなのになったのでしょう。
「百合」の的を微妙に外しているという点では共通
するものも感じますが・・・。

結論としては「MADLAX」の「百合」分は真下耕一監督
だからこそと考えた方が良さそうです。

シリーズ通してのおすすめ度は・・・
■■■■■■■□□□
とします。なんだかんだ言って、アニメとしては
なかなか面白かったし「百合」要素もあったので
このポイントは順当だと思います。

ただし、あまり大きな期待を持って鑑賞することは
避けたが良い
とも思います。

過去の感想かこちら。
「MADLAX」1「MADLAX」7
「MADLAX」2「MADLAX」8
「MADLAX」3「MADLAX」9
「MADLAX」4「MADLAX」10
「MADLAX」5「MADLAX」11
「MADLAX」6「MADLAX」12

« 「魔法鍵師カルナの冒険2 銀髪の少年鍵師」 | トップページ | 「ARIA The ANIMATION」第2話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/6479213

この記事へのトラックバック一覧です: 「MADLAX」13:

« 「魔法鍵師カルナの冒険2 銀髪の少年鍵師」 | トップページ | 「ARIA The ANIMATION」第2話 »