2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ARIA The ANIMATION」第1話 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.1 (後編) »

2005.10.13

「コミック百合姫」VOL.1 (前編)

一迅社・刊です。

VOL.2が出る前に感想を書かねば・・・(汗)

ということで、堂々の復活を果たした「百合姉妹」
感想です!タイトルは「コミック百合姫」と変更されましたが
中身はそのままです。

やはり、こういう「百合」好きにとってはこの上なく
オイシイ物件は2日に渡って感想を書くことにします(汗)

表紙は「百合姉妹」からひびき玲音氏が続行!
夏らしい雰囲気で、よく見ると手をつないでいるのが
ポイントですね。

でも、個人的にもう少し眼力をつけて欲しいような・・・。
ひびき氏の絵って、だんだん眼力が弱くなっている気が
します。

綴じ込みは、高河ゆん氏の「LOVELESS」の江夜と倭ですね。
子猫がじゃれ合っている感じです。
それにしても、何故ロリ化

裏は佐倉汐氏です。うう~やはり、氏の描くお姉さん
良いです~(嬉泣)

「ストロベリーシェイクSweet」林家志弦・作
うう~。「Sweet」が付いても相変わらずバカで、甘くて
オイシイです(泣)
樹里亜の空騒ぎっぷりが見事ですよね。萌え4コマでも
空騒ぎで「百合」度を上げている作品はあるのですが、
この作品は1歩も2歩も踏み込んでいると思います。
さすが「百合」アンソロジーの作品と実感させてくれます。

そして、年内に単行本発売!嬉しいです!
ところで、独立レーベルになるのでしょうか・・・と思って
一迅社のWebページを見ると、「百合姫コミックス」
なっていました。
おお!これは史上初の独立「百合」レーベルの誕生ですよ!

「くちびるにチェリー」森永みるく・作
うう~。甘くて切なくて、ドキドキ。ああ、これぞ
「百合」です~!

# すみません。本日テンション高めです。

「百合」としてはとてもオーソドックスな作品だと思い
ますが、スタンダードを踏まえつつも、作品としての
完成度は非常に高いと思います。
ああ、なんだか読んでいて幸せになれる作品です。

「百合の花粉は落ちにくい」
三浦しをん氏のコラムです。一回目はあの名作「櫻の園」
なかなか興味深いことが書かれていますが、私は「櫻の園」
に感じた「実感」をいわゆる「百合」作品で感じたことは
ほとんどありません。
それほど「櫻の園」が傑作中の傑作なのでしょうが、
いわゆる「百合」との乖離も少し感じます。
どうしてそう感じるのか、「百合」はファンタジーだから
なのか、突き詰めると面白そうです。
ちなみに私は、ファンタジーな「百合」も実感のこもった
「百合」も好きです。(後者はあまりないですが)

「百合姫の本棚」
話題どころはしっかり抑えていますね。
そういえば「さくらの境」「しおんの王」も未読です。

「ショートカット」タカハシマコ・作
タカハシマコ氏の作品は実感ほどではないですが、
ある程度リアルですよね。この作品でも、女の子らしい
反発心みたいなものを巧く出していると思います。
そして、ドキドキ感も良いです。
ページ数が少ないのが少し残念。

「晴れに舞う雪」日輪早夜・作
実は、「百合姫」VOL.1で一番好きなのがこの作品です。
以前はファンタジーはそれほど好きではなかったのですが
最近は結構イケます。
(実生活に疲れているからカモ・・・)
「百合」でファンタジーものって多くはないので、とても
嬉しかったです。

幼いルイーズと姫のエピソードが、なんだかとてもツボ
はまってしまいました。お姫さまと女性騎士というカップ
リングもとても良いです。ああ、嬉しくてクラクラ。

こういう設定で、長編を是非読みたいです。

「アリスタンばっくくろっく」井上眞改・作
うわ、バカ漫画(笑)
ここまでバカだと却って胸がすきます(汗)
「くちびるにチェリー」とは別の感覚でハッピー
なれる作品です(笑)

「First Kiss」蔵王大志・作画、影木栄貴・原作
「オンナオオカミ」サイドストーリーですね。
青春の頃に感じた同性を好きになった気持ちは、気の
迷いだったのか・・・(いやそうではない)という
「百合姉妹」のコラムなどで提示される大テーマを、
そのまま漫画にしたような作品です。
「百合」の範囲を少しだけ超えているという感じも
しますが個人的にこういう作品は好きです。
葛藤の深さが、私が望む「百合」の心理描写にも
直結しているので、こういう作品を読むと引き込まれます。

蔵王大志&影木栄貴スペシャル対談企画
なかなか興味深いことが書かれてあると思います。
「百合」作品を描こうとしている作家にも参考にして
欲しいような。

でもエロのついては私は、意見が違います。
BLから入ってきた作家は、レズものの安直さ惰性ぶり
理解できないかもしれませんね。
逆に最初から「百合」の私は、余計なモノを観すぎた
のかもしれません。

私の経験上、レズものってロクなモノがなかったです。
それなりに良くても、エロ部分が作品全体をダメにしている
のがほとんどです。

しかし、私の経験を覆すようなエロを見せられるもの
なら見せて欲しいという気もします。

・・・と長くなってしまいましたが、前半はこの辺で(汗)

« 「ARIA The ANIMATION」第1話 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.1 (後編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/6387996

この記事へのトラックバック一覧です: 「コミック百合姫」VOL.1 (前編):

« 「ARIA The ANIMATION」第1話 | トップページ | 「コミック百合姫」VOL.1 (後編) »