2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 雑誌「まんがタイムきらら キャラット」11月号 | トップページ | 「ARIA The ANIMATION」第8話 »

2005.11.29

「KURAU Phantom Memory」Vol.6

Vol.6(13~15話)の感想です。

月から脱出するクラウとクリスマス。宇宙海賊に
襲われるなどの波乱の後、クラウの母の故郷である
スイスに。そこで、リナクスの少年と出会う。
という展開です。

今回もめまぐるしく展開する3話ですが、脚本の
質は悪くないと思います。また、15話のリナクスの
少年のエピソードはポイントですね。

この少年(イヴォン)自体は、変なヤツという感じ
なのですが「対」を失ったリナクスの悲壮さを良く
表していると思います。

・・・ということは(リナクスとして)クラウの、
体を父に返すというの目的を達成した後の、
クリスマスのこと考えると・・・
という展開になるのでしょうね。

あと、GPOとリナクス研究の関係、というのも
今後の話のポイントになるのでしょうね。
このあたりの作品の根幹になる設定は、さじ加減を
間違うと作品自体が薄っぺらくなるので、この
ハードルを何とか越えて欲しいですね。

# 越えなくても「百合」としての評価はあまり変化
# しないのですが、やはり作品の完成度は高い
# 方がよいですよね。

さてさて、「百合」的にはやはり、15話が良いです。
リナクスの少年にやられたクラウをかばう、
クリスマスがけなげで、強くて良いです。

あと、14話のラブラブっぷりとか(笑)
やっぱりこの2人は良いです。観てるとなんだか
幸せな気分になります~

おすすめ度は・・・
■■■■■■■□□□
としておきます。

だんだん終わりが近づいていますが、観終わるのが
惜しい気分
になってきています。

作画は・・・かなり修正している印象です。
違和感を感じる部分は残っていますが、破綻して
いる箇所はないと思います。

以前の感想はこちら。
「KURAU Phantom Memory」Vol.1,2
「KURAU Phantom Memory」Vol.3
「KURAU Phantom Memory」Vol.4
「KURAU Phantom Memory」Vol.5

« 雑誌「まんがタイムきらら キャラット」11月号 | トップページ | 「ARIA The ANIMATION」第8話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/7387113

この記事へのトラックバック一覧です: 「KURAU Phantom Memory」Vol.6:

« 雑誌「まんがタイムきらら キャラット」11月号 | トップページ | 「ARIA The ANIMATION」第8話 »