2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年11月号 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »

2005.11.18

「半魔」

黒武洋・作、徳間書店・刊です。

新書の小説です。

第一印象は・・・明確に「百合」ではないことは予想
どおりだったのですが・・・惜しいです。

お話は・・・平たく言えば「魔力」を身につけた
3人の女子高生のお話です。「魔」に関するいくつかの
エピソードと、彼女らの出生の秘密。そして、それらを
企てた「存在」とは・・・と言うような内容です。

最初は、「デビルマン」「幻魔大戦」のような
おどろおどろしい、ハルマゲドンの展開を予想して
いたのですが、そこまで重い内容ではありません
でした。(それでも、後半はそれなりに重くなりますが)

最初に、おどろおどろしい展開を予想していたので
あれ?この程度ならライトノベルでも良いような・・・
というちょっとした拍子抜け感も味わいました。

肝心な「百合」ですが、3人の女子高生である、陽子、
理砂、寛美や、理砂のバンド仲間の友人である、可奈子、
ありすの仲が非常に良いのです。雰囲気が良いというか。
なにげにスキンシップしていそうな感じがとても良い
ですね。

特に、寛美は助けてもらった陽子に、なついている
感じもするし、ときどき非常においしく感じる心理
描写があったりします。

また、有力な男性キャラがいないのも良いです。
# 理砂にミャクがある男性キャラは出てきます。

でも・・・それだけなんですよね。

最後の、3人娘の内一人が抜けるという展開は
(考えようによっては)続編があれば「百合」期待も
できるのではないか、という感じもします。

でも・・・続編を匂わすような展開なのだけど、続編が
できるようなパワーは、正直感じませんでした。

やはり小説としても「百合」としてもあと一歩
欲しかった、惜しい作品でした。

ということで、おすすめ度は
■■■□□□□□□□
とします。

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年11月号 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/7187022

この記事へのトラックバック一覧です: 「半魔」:

« 雑誌「まんがタイムきららMAX」2005年11月号 | トップページ | 今週買った物など+検索順位 »