2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「リリカル・ミステリー 白い花の舞い散る時間~ガールズレビュー~」 | トップページ | ファンと忠誠心と批判 »

2005.11.08

「UG★アルティメットガール」

濱本隆輔・作、メディアワークス・刊

大まかには小説版と同様の感想を持ちました。
小説版の感想はこちら。
「アルティメットガール 桜花春風巨大乙女!」

漫画版だと森林林檎の15年前のエロマンガに、もっと
近いような印象でした(汗)
ただ、森林林檎の作品は書き込みは凄かったので、
それと比べると、雑っぽいなあ・・・という印象を
持ってしまいました。

そういえば、作者の濱本隆輔氏は「もえよん」
「きらら」で描いていますが、そちらも初期の作品に
比べたら雑になっているような・・・。
自分の絵柄に疑問を抱いているのでしょうか。

「百合」的には、やはりヴィヴィアンなのですが、
これが、意外なことに小説版より良かったです。

良かったというか、ヴィヴィアンが白絹のことを
どう想っているのか、明確に表明するエピソード
(7話)があるのです。

でも、基本的には「カードキャプターさくら」
大道寺知世と同じなのです。
好きな人が、自分でない人を好きになっても、その人が
幸せなら自分も幸せ、というヤツです。

そういうのって、キレイゴトだと思います。
個人的には、感情移入できないタイプです。

ただ、小説版や、おそらくアニメ版(未観)よりも
踏み込んでいることは評価できると思います。

おすすめ度は・・・
■■■■■□□□□□
としておきます。

« 「リリカル・ミステリー 白い花の舞い散る時間~ガールズレビュー~」 | トップページ | ファンと忠誠心と批判 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/6979957

この記事へのトラックバック一覧です: 「UG★アルティメットガール」:

« 「リリカル・ミステリー 白い花の舞い散る時間~ガールズレビュー~」 | トップページ | ファンと忠誠心と批判 »