2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「舞-HiME」2 | トップページ | 「ARIA The ANIMATION」第7話 »

2005.11.22

「ワールズ・エンド~Voice of Darkness~」

秋タカシ・著、ファミ通文庫・刊。

このシリーズ4冊目です。

修学旅行で王都にやってきた、ルナ一行。待っていた
のは急転直下の展開でした。先生達の正体と、主人公・
ルナの運命が明らかになります。

ルナの運命はある程度読めていましたが、先生達の正体は
驚きました。
それにしても、いままでのユルめの展開は一体何だったの
でしょう(汗)

急転直下の展開は良いのですが、しっかりした伏線
欲しかったところです。

あと、この作品はテンポ良いですよね。あまり読ませる
タイプの小説ではないのですが、これくらいの内容なら
こういうテンポの良さは正解だと思います。

「~のだ。」という文末が妙に新鮮です(汗)

さて、肝心な「百合」ですが・・・
前回は結構良い感じだったのですが、今回は最後まで
特筆する部分はありません。

しかし、ラストの展開は良いです。
運命に翻弄されるルナに、幼なじみのカーマインが
強い思い入れを見せてくれます。
恋愛というより、保護者感情なのですが、なかなか
良いシーンがあり、ちょっとぐっとなりました。

さて、次で一応の最終回。まあ、恋愛感情には
至らないでしょうが、熱い友情レベルまで登り詰める
ことができればそれで良いかなと思います。

おすすめ度は・・・
■■■■■□□□□□
ということにします。

このシリーズの感想はこちら。
「ワールズ・エンド~Moonlight Illusion~」
「ワールズ・エンド~Summer night Labyrinth~」

« 「舞-HiME」2 | トップページ | 「ARIA The ANIMATION」第7話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/7269298

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワールズ・エンド~Voice of Darkness~」:

« 「舞-HiME」2 | トップページ | 「ARIA The ANIMATION」第7話 »