2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ぱりあんの園」 | トップページ | 「ARIA The ANIMATION」第9話 »

2005.12.06

「メタルアジア」1

鳥居大介・原案/イラスト、日高真紅・作、KOMANIノベルズ・刊

第一印象は・・・「百合」度はそこそこですが、
憎めない作品です。

さて、お話は・・・
どこか判らない不思議な世界が舞台です。ハルはその
世界の住人。身よりも過去の記憶もないハルは、清貧
生活を営んでいた。ある日、高価そうな棺を拾うが、その
中には、美少女・エイルが入っていた。
目覚めたエイルとハルは、楽しい共同生活を始める。
エイルの正体とは?ハルの過去とは?
というような内容です。

とにかく、世界観が良いですね。楽しいです。
何となく、雨宮慶太氏の世界に近いものを感じます
が、雨宮氏よりエキゾチックな雰囲気の世界観です。
私のようなロートルオタクには懐かしいような、
郷愁にも似た感覚を呼び起こしてくれます。

イラストの鳥居大介氏が先にデザインワークなどを
行い、後で日高真紅氏が小説化したという、ちょっと
特異な成り立ちが功奏していると思います。

ただ、イラストから感じるエキゾチックさは、文章
からはあまり感じないのがちょっと残念です。
(文章は、清貧生活の方に重点が置かれていて、それは
それで良いかもしれませんが)

肝心な「百合」としては・・・
やはり、ハルとエイルの、ママゴトみたいな、新婚
みたいな共同生活がよいですね。
エイルはハルになついているし、このあたりの描写は
結構オイシイです。
一緒に生きてゆこうという気概もとても良いです。

まあ、この手の作品のご多分に漏れず、恋愛感情には
至らない
のですが、それでも生活感のある描写や、メタル
でアジアンテイストの世界観は憎めない魅力を持って
いると思います。

ということで、おすすめ度は
■■■■■■■□□□
とします。
個人的には
■■■■■■■■□□
としたいくらいです。

この作品は続くようですが、1巻ほどの「百合」度は
残念ながら期待できないかもしれません。
(1巻ラストの展開から判断して)

« 「ぱりあんの園」 | トップページ | 「ARIA The ANIMATION」第9話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/7499805

この記事へのトラックバック一覧です: 「メタルアジア」1:

« 「ぱりあんの園」 | トップページ | 「ARIA The ANIMATION」第9話 »