2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 2005年「百合」10大ニュース & 作品・第3位 | トップページ | 2005年「百合」10大ニュース & 作品・第2位 »

2005.12.30

「ヤングガン・カルナバル バウンド・トゥ・バイオレンス」

深見真・著、徳間書店Edge・刊

「ヤングガン・カナバル」の続編です。

本作の主人公は、男女二人の高校生殺し屋(ヤングガン)。

今回は塵八の悲劇的な過去と、敵方のヤングガンとの
対決という内容がメインになっています。

また、今回は前回に増して、弓華と塵八の文化的な側面
描写されています。

高校生の殺し屋というと殺伐とした感じになりがちだと
思います。確かにそういう側面もありますが、それを補う
ように彼らの濃厚な文化的な世界が語られる、というのが
この作品の非凡なところだと思います。

あと、「殺し屋のような正義の味方より、正義の味方の
ような殺し屋の方が良い」
という意識も良いですよね。
殺し屋としては甘いという意見はあるかもしれませんが、
やっぱりシビア過ぎる殺し屋に感情移入なんてできません
から。

そういう割り切りの良さも、良いところだと思います。

また、この作品を読んで、より、深見真はやはりノベルズ
の方が伸び伸びしているなと感じました。
ライトノベルは彼にとっては狭すぎるのだと確信しました。

# ファンとしてはどのメディアでも嬉しいのですが(汗)

さて、肝心な「百合」としては・・・
今回は塵八がメインの話だから、正直なところ、前作より
は「百合」度は低かった
です。予想していた、弓華以外の
女性キャラの「百合」な言動も見られませんでしたし。

しかし、それ以上に幸せそうな弓華の描写は良かったです。
なんというか、青春満喫していますね(嬉)

前の彼女とはさっさと肉体関係を結んだのに、伶には
まるで少女のようなプラトニックを貫いているというのも
ポイント高いですよね。

個人的には伶の心理描写を期待していましたが、本作の
展開ではそれは難しいでしょう。しょうがないですね。

それにしても・・・弓華の母の所業がコワすぎます(汗)

おすすめ度は・・・
■■■■■■■■□□
とします。

来年発売の3巻も期待大です。

・・・ところで、この作品には最大の謎があります。
それは、なぜ塵八の部屋に袴田めら・作「フェアリー
アイドルかのん」の
単行本があったかです(笑)
# 作品名は出ていないのですが、「最後の制服」
# 日本語が読めないなら内容は難しいと思うので。

塵八は漫画を描きますが、内容はドンパチだし、
接点はあまりないような気がするのですが(汗)

このシリーズの感想はこちら。
「ヤングガン・カルナバル」

« 2005年「百合」10大ニュース & 作品・第3位 | トップページ | 2005年「百合」10大ニュース & 作品・第2位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/7910626

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤングガン・カルナバル バウンド・トゥ・バイオレンス」:

« 2005年「百合」10大ニュース & 作品・第3位 | トップページ | 2005年「百合」10大ニュース & 作品・第2位 »