2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ARIA The ANIMATION」第8話 | トップページ | 「隣のドッペルさん~瞳の中の妖精~」 »

2005.12.01

「舞-HiME」3

第3巻(6~8話)の感想です。

第一印象は・・・話は重要。でもヘテロバカ(汗)

この3本はヘテロ色が非常に強いですね。
「百合」としてはあまり観るところがない3作です。

鴇羽麻衣に反抗してみせる、命がちょっと可愛い
くらいでしょうか。

それにしても、麻衣がだんだん、「これが私の御主人
様」
沢渡いずみみたいな、単純お馬鹿キャラ
思えてしまいます(汗)

なんだか、主体性がないというか、周りに流されている
というか・・・ある意味主人公らしいとも言えるのですが。

5話(レイニーブルー)がある分だけ、キャラクターの重み
はあると思いますが・・・

まあ、ネガティブなことを書きましたが、ヘテロでも8話
脚本、演出の出来はかなり上等だったと思います。
誰かがいなくなる、という悲しさより、HiME達の末路
暗示的に表現しているのが非常に巧いと思いました。

先の展開に暗雲を立ちこめさせ、視聴者にもハラハラ感を
醸し出す。こういう盛り上げ方は良いですよね。
次の展開が気になります。

おすすめ度は、
■■□□□□□□□□
としておきます。

8話はいままでで一番完成度が高いと思いましたが
「百合」的な見所が少ないので、この点です。

« 「ARIA The ANIMATION」第8話 | トップページ | 「隣のドッペルさん~瞳の中の妖精~」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/7419054

この記事へのトラックバック一覧です: 「舞-HiME」3:

« 「ARIA The ANIMATION」第8話 | トップページ | 「隣のドッペルさん~瞳の中の妖精~」 »